ブッタの生まれた町、ルンビニへ | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

ブッタの生まれた町、ルンビニへ

th_IMG_0817-t.jpg

朝5時半に目覚め、6時半のバスにのるべく6時にゲストハウスを出た。

 

土砂降りの雨の中、ブッタの生まれた町ルンビニ行のバスに向かう。

 

レインコートを着てたのにも関わらずバス停に着くまでには、靴も靴下もジーンズもびしょびしょになっていた。30分ちょい前にバス停に着いたが、バスが来ない。

 

と思っていたら、バスが来て、飛び乗るがルンビニ行きとではないと途中で言われた。どうやら違うバス停だったみたいで、そのバス停まで案内してくれた。

 

びしょ濡れの中ルンビニ行のバスに遅れて到着し、何とか乗ることができた。

 

これから七時間、縦も横も激しく揺れるバスに乗ると考えると憂鬱だったが、まぁしょうがない。

th_IMG_0795-t.jpg

10時くらいにと突然バスが急停車する。

 

降りて何があったか確かめてみたら、道が土砂崩れで封鎖されていた。

th_IMG_0797-t.jpg

運転手達がその土砂を崖に捨てていた。

 

1時間くらいしてバスが再出発する。

 

前日の宿で会った日本人によると、カトマンズからポカラまでの経路も土砂崩れで5時間くらい遅れてしまったそうだ。それに比べたら、たいしたことないんだなって思った。

 

2時頃にルンビニ行きのバスの乗り換えで、下ろされ、バスを探す。

 

朝も慌ててきたため、何もなかったためお腹ががすいていた。途中ふと見かけたネパールで食べたご飯の中で一番惜しくないDAL BHATだった。カピカピだし、匂いも変だし。お腹下したらどうしようとか思いつつも完食した。

 

食事をした店長に、ルンビニ行のバスの場所を聞き、バスに乗る。

 

1時間くらいでルンビニについた。バスの料金は人に違っているようで、長老みたいな人は10RS、学生みたいな人たちは20RSで、僕は40RS払った。

 

ちょっと抗議をしたが、受け入れてもらえず。でも、後に考えたら1RS=1.2円で20円程度しか変わらないんだよなーとか思いつつも悔しかった。日本だったらありえない感情が東南アジアにいると10円20円でうおーいって言いたくなる。なぜなんだろう。

 

ルンビニからは少し迷って1時間半ほど彷徨う。現地の人は英語が通じない人が多く、なかなか韓国寺の場所がわからない。

th_IMG_0816-t.jpg

なんとか韓国寺にたどり着いたが、すでに暗くなりかけていたので、その日は韓国寺でのんびりすることにした。

 

夕食は日本から出て以来の炊きたての御飯を食べた。ご飯だけでもいけた。キムチもかなり美味しかった。

 

夕食後はシャワーがなく、桶に水をためて体を洗った。こういうのも悪くない。

 

 

その日は明日の計画を少し立てて12時くらいに寝た。

 

 

 


 

Tags: , , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts