ルンビニ散策 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

ルンビニ散策

th_IMG_0858-t.jpg

今日は六時にドミトリーで一緒だった韓国人に起こされ、韓国寺の朝食を食べる。

 

朝食の時間は6時から6時半の30分しかないため、起こしてくれたことはとても感謝である。

 

朝飯は前日の夜と同じくとても美味しかった。

 

なんなんだろう、とにかく美味しい。

 

6時半に食べ終わって、横に転がっていたら10時くらいになっていた。

 

その後持ってきていたダニエルピンクのハイコンセプトを読む。とても面白いけど、ハードカバーなのでさっさと何度読んで誰かにあげたい。

 

11時半から昼を食べ、また本を読み、ルンビニ内を散策することにした。

 

th_IMG_0819-t.jpg

th_IMG_0834-t.jpg

th_IMG_0840-t.jpg

th_IMG_0869-t.jpg

th_IMG_0879-t.jpg

th_IMG_0875-t.jpg

th_IMG_0888-t.jpg

 

 

ルンビニは各国の寺が集まっている場所で、フランスやタイ、日本の寺もある。

 

1時半から出発し、4時半まで歩き続けた。

 

色々回って、最後にNiPONZAN MYOHOUJIへ。

 

そこで日本食をいただけると思ったが、残念ながらネパール料理だった。

 

ただ、寄付をするのを忘れてしまいただでご飯を頂いた形になってしまった。美味しかったです。ごちそうさま。

 

日本寺を出たのが19時半。あたりは暗くなりはじめていて、帰り道はとても怖かった。

 

外灯もないので、iPhoneのライトを使って歩いた。

 

Dialog in the Darkを思い出したが、保証されていないこの真っ暗さには本当に焦った。

 

途中iPhoneの電池が切れてしまったため、MacBookAirを取り出してその画面の明かりを頼りに歩いた。

 

ちょっとギャグっぽいが、そうでもしないと暗すぎて歩くことができなかったのだ。これ以上馬の糞も踏みたくはなかった。

 

人と通りすがるときはMacBookAirを閉じた。人も怖かったし、近くで野犬が吠えていて死ぬほど怖かった。

 

蛍が何匹も飛んでいて、空も星が綺麗だったが、ゆっくり眺めている余裕なんてなかった。

 

この暗闇の中なんとか30分歩いて韓国寺に着くが停電していて、部屋に入るもなんにもできない時間が続いた。

 

その日は充電しなおしたiPhoneでライトをつけながら水を浴びて、寝た。

 

明日からインド向かいます。

 


 

Tags: , , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts