バラナシから夜行電車に乗り、タージ・マハルのあるアーグラへ | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

バラナシから夜行電車に乗り、タージ・マハルのあるアーグラへ

th_IMG_1328-t.jpg

屋上でインドの暑さとともに目が覚める。よくインドでは、犬や牛や人が日陰で横に寝ているのをよく見るが、この暑さを日常とするならわからなくもない。僕も横になりたい。

th_IMG_10801-t.jpg

起きて、少しして、だいきとシャン亭という日本定食を食べ手にいく。カツカレーを食べた。とても美味しかった。この旅で最もかかっているのは食費だろう。どうしても美味しい物にはついお金を出してしまう。といっても、食べるものは大体70~150円程度で日本の3,4分の1ぐらいなんだけれど。

th_IMG_10811-t.jpg

th_IMG_10891-t.jpg

その後はPCをいじって、アリババを買いに行く。よくあるダボダボのパンツである。多分インドの人から見たら、このパンツはダサく見えているのだろう。その証拠にインド人であの格好を見たことがない。頑丈なポケットもないし実用性にかけるのかな。でも、この軽くて涼しいカッコは個人的に好きだ。結局スカーフ的な布も買って、両方で350RS。こっちに来て初めて服にお金を使った。やっぱりどこの国であっても買い物は楽しい。

th_IMG_10971-t.jpg

インド 電車

インド 電車

5時になって、バラナシ駅に向かった。Sleeperクラスという、人間一人が横になるスペースがある席に座った。値段は270RS。一番下のクラスが2等席で、そのクラスだとSleeperの半額クラスでのることができる。だが、正直観光客にとっては、普通の人が乗る二等の電車は耐えられないと思う。列車から足が飛び出でながら走ってる車両の中は想像するに耐えない。まぁそういうのがインドっぽいところでもあるんだけど。

 

インドの電車の中は、盗難が多いことで有名らしい。怖かったのでバックに鍵をかけて、枕にして寝た。

 

何かご意見があれば、下のFacebookコメント欄か、Twitterにご意見いただけると嬉しいです。

よかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

電子書籍化プロジェクトに挑戦してます。

https://readyfor.jp/projects/facebook_worldtrip

よろしくお願いします!


 

Tags: , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts