ヴァシシュトの朝温泉と長距離バス | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

ヴァシシュトの朝温泉と長距離バス

ヴァシシュト マナリー

ヴァシシュト マナリー

28日 マナリー→ハリドワール

朝目覚めてすぐ、温泉に向かった。朝の温泉はとてつももなく気持ちよかった。お湯を見ると数えきれないくらいの垢が浮かんでいたがどうでも良かった。昨日に起こったことぐらいどうでも良かった。インドの温泉は日本の温泉のようにタオル一枚で温泉で入っている人はいなく、皆水着のようなもの着て温泉に入っていた。水着などもなかったので、僕は昨日に引き続きパンツで入る。初日はその状態で入ることに違和感があったが、二日目は慣れた。温泉中に降っていた雨もとても心地が良かった。子供の時に湯船から出るときにやったように、60数えて温泉から出た。60秒は結構長かった。

ヴァシシュト マナリー

ヴァシシュト マナリー

ヴァシシュト マナリー

温泉を満喫をした後は、ご飯を食べ。バスでリシュケシュへ向かう。また14時間のバスだった。15時に出て、翌朝の7時に着く。温泉は心地良かったが、なんとなくこの街を離れたかった。バスので小腹が空いたときようにキットカットと、ドライアプリコットを買った。ドライアプリコットは生まれて初めて食べたのだが、とても美味しかった。

 


 

Tags: , , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts