Welocome 2 Egypt!! | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

Welocome 2 Egypt!!

カイロ エジプト

8月22日 カイロ(エジプト)

エジプトには着いた時、iPhoneの時計に17時と表示されていた。日本との時差は7時間。つまり、僕がエジプトで17時を迎えているとき、日本は24時を指しているわけだ。それがどうもしっくりこなかった。今まで感じていた時差は長くても3時間半、これがいきなり倍になっていたことに戸惑った。なにより、自分がエジプトにいることが信じられなかった。エジプトって、あのピラミッドがあるエジプトだよねってひたすら自問していた。

カイロ エジプト

カイロ エジプト

カイロ エジプト

エジプトはとにかく暑かった。17時にもかかわらず、太陽の日差しが強く肌がじりじりと焼けていくのがわかる。10分で、メガネ跡がつきそうなくらい暑かった。空港を出て、タクシーの運転手が相変わらず近寄って来たが、とりあえず全員無視をして、バスを待つことにした。

でも、バスが来ない。空港のスタッフに聞いても、バスが1時間に2度はあると言っていたのに、1時間待っても一向に来ない。仕方ないから、メータータクシーにしっかりとメーターを入れさせて、タフリール広場へ向かった。

カイロ エジプト

カイロ エジプト

エジプトの首都カイロは思ったよりも、荒んでいた。建設途中で放棄したであろう建物がいくつもあった。

タフリールに着き、適当に宿を探して、イスマリアというホテルに入った。そこのエレベーターは今まで見たどこのエレベーターよりも衝撃的だった。

カイロ エジプト

カイロ エジプト 宿

カイロ エジプト 宿

カイロ エジプト 宿

生まれて初めて、エレベーターというものに乗るのに恐怖したし、エレベーターというものを静かに乗る重要性も理解した。とにかく怖い。

カイロ エジプト 宿

カイロ エジプト 宿

階段もひどかった。

カイロ エジプト 

夜は道を歩いていたら、エジプト人に声をかけられた。ちょうどラマダンという断食の時期に重なり、人々が夕食を街中で食べていた。ご飯が余っているから食べろと言われ、断る理由もないので頂いた。おかわりもした。2ヶ月ぶりに食べた牛肉はとてもとても美味しくて、涙が出そうだった。

 

おすすめエントリー

「Facebook × 世界一周」企画概要

世界一周してる大学生が12日間、人と話してはいけない、目も合わせてはいけない、読み書きや娯楽が一切禁止のヴィパッサナ瞑想修行(インド)に参加してきました。

世界一周中大学生の次の旅ではこうします、こうすべきこと、気を付けておくべきこと100(9月7日追記更新)

APEXインド現地法人CEOの横山博哉さんとお会いしました。


 

Tags: , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts