【5月18日開催】「グローバル人材を測る物差しを考える」: 国際教育研究所開設記念国際シンポジウムに登壇することになりました。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

「グローバル人材を測る物差しを考える」: 国際教育研究所開設記念国際シンポジウムに登壇することになりました。

グローバル 人材

 

下記のシンポジウムに登壇することになりました。と言っても、8分くらいらしいのですが、折角の機会なので旅の話や旅で得たことなどを話させていただこうと思います。E-ポートフォリオを交えて。大学関係なく、誰でも行くことができるそうなので、もしお時間がある方は是非。レセプションも参加します。

 

下記詳細です。

国際教育プログラムと学習成果分析
「グローバル人材を測る物差しを考える」
-Eポートフォリオの有効活用の可能性-
Learning Outcome Assessment for International Education Programs
-Potentials in Effective Use of ePortfolio-

「グローバル人材」を巡っては産業界、高等教育界を中心に議論が展開されているが、グロー バルに活躍しうる人材の資質について、どのような定義をすることができるだろうか?本シンポジウムでは、海外学習体験が学生のキャリア形成にどのようなイ ンパクトを与えているか、という学習成果分析(Learning Outcome Assessment)の研究を通じて、グローバル人材の資質にかかわる議論を展開する。また、米国や豪州などで利用が推進されているEポートフォリオに ついて、運用事例を紹介しながら、国際教育プログラムに関して学生の学びを可視化するツールとして、Eポートフォリオの可能性を検証していく。

日時: 2012年5月18日(金)午後1時30分~午後6時00分(午後1時開場)
会場: 明治大学 アカデミーホール (アカデミーコモン内)
主催: 明治大学国際教育研究所
協賛: manaba
後援: 明治大学国際連携本部、日本私立大学団体連合会、米国大使館、
独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)、
特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会) 
協力: 公益財団法人日本英語検定協会、
大学教育における「海外体験学習」研究会(JOELN)、 公益財団法人
インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団、
特定非営利活動法人Teach For Japan、
一般社団法人日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)
NPO法人ドットジェイピー
GiFT(Globalized Independent Future Talents)
参加費:無料

 


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts