自分のせいにできるような生き方を #One_voice #学生100人ブログ | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

自分のせいにできるような生き方を #One_voice #学生100人ブログ

One voice campaign

 

今回の記事は、「One Voice Campagin ( http://onevoice-campaign.jp/ )について思うことを学生100人で書く」という

オンラインイベントに参加した上で書いている。

One voice Campaign インターネット選挙運動解禁へ向けて

これは今注目されている運動で、日本のインターネット選挙運動解禁へ向けたキャンペーン。

聞いたことがある人も、多いのではないだろうか?

 

-

 

もし5年後、日本の経済が破綻し、自分の人生が不幸になったとき、何のせいにするだろうか?

社会のせい?環境のせい?政治のせい?国のせい?

僕は、自分のせいにできるような生き方をしたい。

そういった生き方のほうがかっこいいし、楽しいじゃないか。

そう思ったとき、一つ一つの選択が自分の責任になり、今自分がやるべき事が明確になった。

 

ここでは、僕がインターネット選挙活動について思うことを少し綴っていこうと思う。

まず結論から言う。僕は、インターネット選挙運動は全面的に賛成だ。

 

政治っていうのは、国の土台のようなもので、その上に多くのことが成り立っている。

でも、多くの人が政治に関して無関心なのが現状だろう。むしろ無責任でいたい、というのが適当か。

無関心でいて、無責任でいて、何か問題が起こったときに国や自分以外のせいにする。

それが今の多くの日本人の現状ではないだろうか?

 

インターネット選挙活動解禁によって、多くの人に政治というものが目に入るようになり、

政治というものがより身近なものになっていくだろう。

つい昔までは、お金がある人や力がある人しか、情報を発信することができなかった。

今はインターネットやSNSが普及をし、誰でも簡単に情報を発信し、選びとることができるようになってきた。

 

インターネット選挙解禁によって、政治は劇的に変わらないかもしれない。

むしろごちゃごちゃしてしまい、最初の1,2年は

インターネット選挙解禁なんてすべきじゃなかった、なんていう意見も出てくるだろう。

でも、一人ひとりが政治の情報を主体的に情報を手に入れ

発信していくようになったら、日本の政治も少しずつ変わっていくと思う。

 

これからの社会や未来を作っていくのは、僕ら若者だ。

政治でも何でも、自分のせいに生きていけるよう、しっかりと選択していきたいと思う。

その一つの転機になるのが、インターネット選挙解禁なのではないか、と思っている。

 

-

・「One Voice Campagin ( http://onevoice-campaign.jp/ )について思うことを学生100人で書く」

というオンラインイベントへの参加を希望する方は @hiyokoluv (https://twitter.com/#!/hiyokoluv )

までご連絡ください。

・OneVoiceについての詳細は以下をご覧ください

HP→http://onevoice-campaign.jp/about.html

Facebookページ→https://www.facebook.com/onevoicecampaign

内容について→http://d.hatena.ne.jp/sekirei124/20120515/1337087362

.


 

Tags: , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts