日本の贅沢を、心の豊かさに。会員限定の高級旅館予約サイト「relux」 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

日本の贅沢を、心の豊かさに。会員限定の高級旅館予約サイト「relux」

会員限定の高級旅館予約サイト「relux」

「宿」。旅行において、宿が楽しさの半分を占める、そう思うくらい泊まる場所は大事です。

世界一周中は、人の家におじゃましながら、安いゲストハウスを泊まっていたのですが、最近国内旅行をする際は、最低一泊は、しっかりとした旅館に泊まるようにしています。日本には、良い旅館が沢山ある。やはり格式の高いところは、普段日常じゃ味わえない良さがあって、値段は高いけれど、そこで得た体験が、絶対何かにつながると思っています。

先日、学生時代にお世話になっていた篠塚さん @shinojapan にお会いしてきました。篠塚さんが、今運営している高級旅館予約サイト「relux」にすごい興味があって、一度お話を聞きたい!というのと、久しぶりのご挨拶も兼ねてオフィスに行ってきたんです。

結果、非常にいい時間を過ごすことができました。やっぱり作り手の話を聞くと、テンションが上がってしまう。本当は利用してから記事にするつもりだったのですが、思うことが多くあったので、reluxについて書いてみます。

 

 

「reulx」は満足度の高い一流旅館だけを集めた、会員制宿泊予定サイト。一つ一つの宿を、自らが訪れて選定。審査基準を厳しく設け、本当に、心からオススメすることのできる宿泊施設以外、一切掲載していないという。いわゆる、高級旅館のキュレーションメディア。

会員登録の審査がおりた後、ログインすると、上記のような画面が出てきます。「◯◯に行くために、〇〇周辺の旅館を探す」ではなく「この時に、自分が行きたい旅館に行き、旅館を起点に旅行する。」サービスのフェーズ故の形式なのかもしれないですが、こういう旅行の仕方も面白い。

 

厳選された旅館の中から、プランを選ぶことができる。

静岡にある落合楼村上。1874年からある旅館で、多くの文化人が訪れたとか。

 

1つ1つの写真が、とにかく綺麗。

 

釘や糊を一切使わず、接木で作っているらしい。

サービスの理念。「日本の贅沢を、心の豊かさに」というコピー良いです。

 

 

 

日本の旅館は伝統文化の塊

この情報多寡の時代、宿を選ぶのって正直めんどくさくて、高い金額だと、なおさら失敗したくない。友人がオススメしてくれたら、そこに泊まってしまうように、信頼出来るソースで、いい宿だったらいいんですよね。

篠塚さんが話していた中で、特に印象的だったのが、「日本の旅館は伝統文化の塊。宿には、全てが詰まっている。建築も食も、お酒も、お皿も、その土地のもので活きている。」の一言。ハッとしてしまったし、まさしくだと思いました。旅館を通して、日本の良さ、その土地の良さを思いっきり伝えることができる、このサービスにとても魅力を感じます。

サイトの雰囲気、会員登録までのプロセス、写真、文章、フォント、ひとつひとつが丁寧で、上質感を醸し出してる。なんだろう、全体の統一感がいい。値段的に、ここ泊まりたいけど、ちょっと早いなーとか思いつつも、こういうものを見せられると、すごい行きたくなってしまう。こういうお金の使い方をしたい。

reluxは、先日のWIT JAPAN(Web In Travel)でも、優勝を果たし、日本国内外を視野に動いていくとのこと。現在、日本全国を飛び回り、サービスを急拡大中だという。今後、めちゃくちゃ面白い事になっていくんだろうなー、と話を聞いていて思いました。

 

だーっと、コンセプトに超共感して、思うことを書いてみました。素晴らしい宿に泊まりたい、そんな方は、是非利用してみてはいかがでしょうか。きっと、いい時間が過ごせると思います。

高級旅館予約サイト「relux」


 

Tags:

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts