岡山大学の海外留学生向けの映像、パンフレットを制作しました。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

岡山大学の海外留学生向けの映像、パンフレットを制作しました。

_20150421-IMG_8176のコピー

_20150421-IMG_8181

_20150421-IMG_8187

今回は、最近の仕事の話です。

岡山大学の留学生向けパンフレットを、岡山の備中和紙を使って制作しました。言語は、日本語、英語、中国語繁体字、やさしい日本語の4言語。やさしい日本語は日本語学習者向けの日本語です。

備中和紙は岡山県倉敷市で作られている、約1200年もの歴史を誇る手漉き和紙。岡山県郷土伝統的工芸品に指定され、日本民藝館展奨励賞を受賞しています。岡山の土地のものを使って、岡山の魅力を発信したいと考え、制作にいたりました。

関連:山陽新聞:岡山大、備中和紙でリーフレット 留学希望者向け まちの魅力紹介

 

Craftsmanship of OKAYAMA(2:06)

同時に、岡山大学の海外留学生向けPR映像を制作しました。

コンセプトはクラフトマンシップ。岡山に古くから根付く文化による学び、大学での学びの2つが交わっていく、そんな映像に仕上がりました。単なる大学紹介映像に留まらず、岡山という土地に行きたい、岡山で学びたい、そう思ってもらうのを目的としています。

MATCHAとしても、これから8言語で上記の映像紹介の記事を展開予定です。

 

今回様々な方にご協力いただいて、無事形になりました。ありがとうございました。本施策が、大学にとって、留学生にとってプラスの働きになれば、と本当に思います。

MATCHAが主軸でありつつも、その場その場で適切な表現があると僕は思っていて、引き続き挑戦していきます。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts