自分が好きなこと、やりたいことをとにかく人に話すこと | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

自分が好きなこと、やりたいことをとにかく人に話すこと

新潟の夕焼け

自分が好きなこと、やりたいことをとにかく人に話すことが大事、と最近思ってます。

最初は思いつきレベルでも、人に話しているうちに楽しくなって、100人くらいに話をしている頃には、一緒にやれる人が見つかったり、案がだいぶ具体化してるんですよね。100人って、実はそこまで大げさな数字ではなくて、それだけ言い続けられるものっていうのが大切だと思います。

ゲストハウス作りたいでも、映画館作りたいでも、何でもいい。とにかく話していいくうちに、やりたかったことの本質が見えてきて、抽象度が上がって、想像もしていなかったような組み合わせができたりします。

 

多分、そこで大事になってくるのが、その人の原体験なんですよね。何事も挑戦してみないとわからなくて、えいって踏み切れるかどうかは、どこからかの情報じゃなくて自分自身の体験によるものが大きい。試行錯誤の繰り返しで、ほんの少しずつ精度が上がっていく。

自分の頭の中にある新しい試みの成功確率は1%以下で、その確度を出来る限り高めるために、言語化なりして、できるだけ多くの人ににぶつけてみることが必要です。

 

あと、大学を卒業して、独立して、色んな人と仕事していて思うのが、良いチャンスを多く掴んでいる人は、自分がやりたいことを口に出していることが多い。僕自身も「〇〇さん、これ好きなんだよね。今度、あの会社の打ち合わせ一緒にいく?やってみる?」って誘いやすいんです。

仕事をふる側も、本人が嫌いなことよりも、好きなことをトライしてもらいたいわけです。

そっちのほうがモチベーションを保ちやすいし、結果が出やすい。でも、やりたいことが見えない人には、何を振っていいかわからなかったりします。

そういう、自分はこんな人間です、って伝えておくことで、色んなきっかけが増えたり、物事が円滑に進みやすくなります。僕にとってブログが大きな役割を果たしてます。100のリストも今考えるとそう。

 

と、やりたいことを人に話すことの大事さ、みたいなのをつらつらと書いてみました。

まとめると、やりたいことを人に伝えることによって、やりたいことの実現性が上がるということ。人に話すことで、やりたいことがより具体化したり、抽象度が上がったり、一緒にやりたい人が見つかったり、すでに実行している人に誘ってもらえたりします。

やりたいことがわからないという人は、興味を持ってること、好きなことでもいいと思います。とにかく言葉に出すことが大事。そういうのが無意識化して、あらゆる境界や枠組みを越えて動き回っているプロデューサーが近くにいたので、随分と影響を受けてしまいました。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts