世界一周、ワーホリ、留学に行く際に、親や周囲を説得する方法 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

世界一周、ワーホリ、留学に行く際に、親や周囲を説得する方法

_20150416-IMG_7941

先日、近しい人に、「ワーホリに行こうと思っているんだけど、なかなか親を説得できなくて…」と相談されました。僕も大学3年時の12月に世界一周に行くと決断して、そこから親に伝えた時に、結構ビビってたのを覚えてます。これはよく聞かれることの1つで、自分の考えを1回まとめておこうと思います。

 

自分が何を言っていたかというと、世界一周をすることがいかに今や将来の自分に必要かを伝えたんですね。そして、旅の資金は自分で作るし、その後も自分でなんとかするから、と。

その時から日本を世界発信するようなことをしたかった。就職にするにしても、起業するにしても、自分自身が海外を見ていなかったら、何にもできないんじゃないかなって思ったんです。

 

親や周囲としては、その人のやりたいことを止めたいんじゃなくて、意志の確認と、思いつきで言ってるんじゃないか?の確認だったり、その後が心配、と思って言ってるわけなんですよね。

だから、相手にこいつなら大丈夫だって思ってもらうようにしないといけない。逆にそれが言語化できなくて、説得できないなら、その旅やワーホリの後も難しいかもしれない。

 

結局、答えなんてないんです。正解は自分で作っていくしかない。自分も今、会社を作って、日々試行錯誤して、本当にそう思う。答えがない中でも、ベストだと思う選択をして、ベストな選択をしたと思えるようにするしかない。

僕の中での1年間の休学とあの長旅がなかったら、今の自分はないと言えるし、そう思えるように動きました。もちろん、僕もダハブで海の上に浮いて、漫画読んで、ネットに沈んで、、というのもしましたけど、そういうのもいい経験でした。

 

とまぁ、いろいろ書いたのですが

・なぜ旅が必要なのか

・旅で何を得ようとしてるか

・その後どうなっているのか

を具体的にイメージして、話すのがいいんじゃないかと。

具体例を上げたり、文章として落としこむのもいいかもしれない。

知り合いは親を説得するために、パワポでスライドを作ったとまで言っていました。

 

あとは、一番大事なのは本気度かな、と。

決断するのはそりゃ怖いですけど、腹に力をいれて、エイヤってするしかないです。

 

関連しそうな記事

決断すること

約7ヶ月の世界一周の旅を終えて、感じたこと伝えたいこと

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts