Twitterで広がった世界 #MATCHAのはじまり | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

Twitterで広がった世界 #MATCHAのはじまり

インターンのあとの自分の世界を広げてくれたのがTwitterでした。

Twitterを知ったのは、よく読んでいた堀江さんのブログで登場したのを見てからです。最初使い方がよくわからないながらも、始めてみるとみるみるのめり込んでしまいました。

興味と共感で人と人がつながっていく世界が、面白くてしょうがなかったです。インターネットに対してここまで面白さを感じたのは、MSN Messengerと2ch、THE 掲示板に触れて以来でした。

 

色んな人にTwitterでお会いしました。孫さんや堀江さんがTwitterでフォローしている人をまず全員フォローして、彼らの見ている世界を覗いてみた気になっていました。

そしたらYahooのある執行役員の方が自分を女だと思って勘違いして、フォローしてくれて笑。チャンスだ!と思い、超緊張しながらも、会ってください!とDMを送ったら、「会ったこともない男と二人で会いたくない」と言われてしまい、がっくりしていたら、「今度三茶で立ち飲みの会やるから、良かったら来なよ」と言っていただきました。

恐る恐る行ってみたら、色んな有名企業の社長、役員が集まる会で、そこから自分の知らない世界が広がったんですね。もう5年前、20歳のことです。会ったことにない人に会う楽しさを知ったのはこの頃です。

 

他にもこのWordpressのブログの作り方を教えてくれたのもTwitterで知り合った方でした。大阪でIT関連の会社の経営者で、Twitterを通じて仲良くなり、まだ会ったことがないにも関わらず、夜中の深夜1時くらいにSkypeでWordpressブログの作り方を教わりました。今考えると、なかなかありえないなとも思います。

 

そんなこんなでTwitterで色んな世界を知りながら、様々な世代の活動的な人に会いました。Twitterがおもしろいのは、同世代という横のつながりや、先輩や後輩という縦のつながりとは別の、斜めにいる普段生活していたら会えない人と、理由次第で会えてしまうこと。そこには年齢もあんまり関係ない。同じ経験をした同世代は多い気がします。

サークルでなく、学生団体、という世界を知ったのもその頃。で、世界一周をすすめている人をフォローして、世界一周という言葉を知りました。最初聞いた時、自分とは一切関係ないんだろう、と思っていました。

 

続きます。

 

訪日メディア「MATCHA」で色んな職種の方を募集しています。

⇨ 訪日メディア「MATCHA」の求人まとめ

 

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げた経緯

0.訪日外国人向けWebマガジン「MATCHA」を作った経緯
1.明治大学国際日本学部
2.ブラックなインターン
3.Twitterで広がった世界
4.約7ヶ月の世界一周
5.ドーハ国際ブックフェア‐
6.世界一周後の日本めぐり
7.augment5 Inc.
8.訪日メディア「MATCHA」の着想
9.起業の準備とMATCHAのスタート
10.訪日メディア「MATCHA」のこれからについて

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts