3年前も今も変わらないもの | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

3年前も今も変わらないもの

”「日本のいい物を、もっと発信していきたい。自分達がやらなきゃ。」

実際に目の前で、僕が今後やっていきたいことを形にしていっている人がいて、そんな井野さんの言葉はずっしりきました。なんか、ちょっと悔しくなったし、嬉しくなりました。笑

日本の可能性は東京だけでなく、都道府県すべてにあって、やっぱり僕はそこに価値を見いだしていきたい。この映像を見て、改めてそう思いました。

引用:「augment5」の日本紹介映像

 

Twitterで自分のブログがツイートされて、過去の記事を読み返すことがあります。今回はaugment5の映像記事。久しぶりに読んで嬉しかったのが、今も3年前も根っこは同じことを言っているな、ということ。

相変わらず自分は日本を好きだし、この国の良さが発信を通じて残していきたいと思ってます。今ほど言語化されていないにせよ、変わらない部分は変わらない。

 

今日の夜、MATCHAの立ち上げメンバーのリキくん @rkbasmelehと電話しました。彼は今、インドネシアで会社を経営しています。彼と知り合ったのは、会社を作る1週間前にSkypeで話したことがきっかけ。3年前の11月です。

1年ぶりに話して思ったのは、話すことの幅や深さは変われど、お互いがやりたいことは、初めて話をしたあの時とあんまり変わってなかったなということ。理想を現実にするのは難しいよなーと笑いつつ、互いが前進している感じがして楽しかったです。

会社を経営していて、色んなトラブルや誘惑がありますが、自分たちの本質や目指していることは何かというのをぶらさず、しっかりと積み重ねていきたいです。

 

読んでほしい関連記事

インバウンド観光に感じる可能性

訪日外国人向けWebマガジン「MATCHA」を作った経緯

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts