情報共有の重要性 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

情報共有の重要性

情報共有の重要性、というのを最近痛感しています。自分が苦手なことの一つがこれです。苦手というよりも、ただ習慣化されていないだけかもしれないですが。

というのも、学生時代から会社を作るまで個人プレーでの仕事ばかりやっていて、自己完結することが多かったからですね。自分の中で全てが始まって、終わる。その繰り返しでの成功体験の積み方ばかりしていました。(それはそれで強みにはなってるのですが。)

 

ただ、組織でやっている上、そんなことは言えない。会社として決定したことや、採用について、仕事について、これからのこと、そういったことは繰り返し伝えていかないといけないです。

情報共有しないことで、個々の認識がズレて違う方向に進んでしまうこともあれば、情報がないことで1人の1人の判断を滞らせ、前へ進めない状態になり、会社全体のスピードを遅らせてしまうことにもつながりうる。

逆に、しっかりと情報共有ができていれば、認識のズレも減るし、一人ひとりの意思決定のスピードも上がる。何かトラブルが合った時も、情報共有がしっかりとされていることで、サポートし合いやすくなる。

 

理想は互いの考えが一致していて、細かいことを共有せずにどんどん進めていくこと。

全ての情報を共有をしきるのは簡単ではないし、自分の考えで一気に押し通すべき時もあります。事柄によっては、タイミングが重要になることもある。ただ、変えなければいけないこともあるので、そこは変えていきます。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts