訪日メディア「MATCHA」を立ち上げて2年が経ちました。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げて2年が経ちました。

Print

2016年2月3日、訪日メディア「MATCHA」を立ち上げて2年が経ちました。1年前の今も同じくらいにあっという間な気持ちだったのですが、今年もそうでした。1月後半になって、あぁもうそろそろ2年かと気づくくらい。

メディアを作ったのが会社を作ったちょうど2ヶ月後。先日も下記のような記事を書いたのですが、この時とは心境も会社に対する考えも随分と変わりました。それぐらい、この2ヶ月は色んなことが起こりました。

参考:株式会社MATCHA 3期目になりました。

 

今日とあるメディアのインタビューがあったんですね。そこでも少し話したのですが、自分たちの根っこの強みは「目指している所」と「諦めずに続けてる」ことなんじゃないかな。と思ってます。

わかりやすい機能的なところでは、9言語だったり、国数だったり、体制だったり、しっかりと取材してオリジナルで記事を作っているなどあるのですが、根っこはここなんじゃないかと。

 

2年前、自分たちがメディアを作った時はインバウンドメディアは数えるくらいしかありませんでした。そして、この2年間数えきれないくらいのインバウンドメディアができ、そしてその多くは今無くなっています。これからもその波はあるでしょう。

流行っているからとか、当たりそうだからとか、そういうスタンスだけで考えていると、何か大きな挫折があった時に辞めてしまうんですよね。この2年間、ネットでは書けないようなトラブルも挫折あったのですが、そういうスタンスだったら今続けていないですし、きっと続けられていないです。

 

立ち上げた2年前では想像できないくらい、今多くの方々に支えられてこのメディア、会社があります。日々奮闘している社員はもちろん、エンジニア、翻訳者やライター、投資家の方、クライアントの方、そしてメディアを見て応援してくれている方々がいてこそ成り立っています。改めてありがとうございます。

そういった応援してくれている方たちの期待に答えられるメディアにしたい。理想を現実にするのは簡単ではないです。けれど、諦めずに行動していれば、形になっていくものだと信じています。そのためにもっともっと頭も手も足も使って、日々頑張っていきたいです。

 

関連記事

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げて1年が経ちました

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げた経緯


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts