「眼鏡のとよふく」の2本目のメガネ | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

「眼鏡のとよふく」の2本目のメガネ

先日「メガネのとよふく」に行ってきました。

「メガネのとよふく」は千葉県佐倉駅近くにあるメガネ屋で、視力検査に3ヶ月近く予約待ちの状態が続いている所。

 

作家の小野美由紀さんのブログで知って、どうしても行きたくなって、2年半前に行ったのでした。

視力検査は1時間程度。普通の視力検査ではしないぐらい丁寧に一つ一つ測っていきます。2Dではなく、3Dでその人の視力を見て、本当にあう眼鏡を作るために必要とのこと。

 

ここの店主である豊福さんは、目を見ればその人がどういう人生を歩んでるかわかるらしく、2年半前に目を見られた時に

「君、会社経営でもしてるの?」

と言われて、驚いたのを覚えています。

当時は映像の会社にいたのですが、ちょうど独立しようと考えた時期だったんですね。他にも言い当てられたことが多かったです。

 

今回は新しい眼鏡を作って、気持ちを切り替えようと思い行ってきました。

前回はデスクワークで集中する用として、0.4程度の眼鏡を作り

今回は日常用で景色がよく見える用として、0.8前後の眼鏡を作りました。

 

新しく届いた眼鏡。調べてみたら鯖江の眼鏡でした。

眼鏡と共に入っていた2枚。

 

先日その眼鏡が届いてきて、かけてみたのですが、世界がびっくりするくらいに立体的に見える。

今まで自分は何を見ていたんだろうといいたくなるぐらいに、眼に入るものが、はっきりと色鮮やかに見えるんですね。

 

「見えない状態が続いていると、人はその物事に対して無関心になっていくんですよ。」

視力検査の時にかけられた言葉の意味がわかりました。

 

とよふくの眼鏡は、レンズ代込みで5万〜8万程度するので安いものではないです。

ただ、日々使うものと考えると、それぐらいの価値は十分にあるなと思います。

 

眼鏡に悩んでいる方がいれば、是非行ってみてください。

眼鏡のとよふく – 千葉県佐倉市

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts