菖蒲湯とフロニケーション | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

菖蒲湯とフロニケーション

2年半振りに友人と再会した場所が、南千住の草津湯という銭湯でした。その友人が南千住に住んでいるからというのが理由です。

 

「久しぶり」と軽く言葉を交わして、特に世間話もせず、「とりあえず、入るか。」と銭湯に入っていく。入り口が趣深くて、下駄箱が絵になります。

 

銭湯回数券を出して入りました。外の雰囲気と変わらず、味がある感じを出してました。服を脱いで、バックからタオルを取り出して、鍵を手首にかけて、ガラガラと銭湯の中に入っていく。広い銭湯に入っていたのは、3人ほど。皆常連そうな人でした。※写真の許可は取ってます。

 

頭を濡らして、シャンプーをして、いざ湯船に入ろうとすると。と思ったら、緑の草が湯船に浮かんでました。「!?」と驚きつつ、隣の常連客であろうおじいちゃんに「これなんですか?」と聞くと、「菖蒲だよ。」「なんで菖蒲が浮いてるんですか?」と聞くと「子供の日だから。なぜ菖蒲だかは、番台のおねえちゃんにきいてみな。やさしいから。」って言われました。

後で番台の人に聞いてみたところ、昔から5月5日は菖蒲を湯船に入れるらしい。そうすると体が元気になって、熱い夏を越すことができるとのこと。日本って面白い風習あるな、と思います。

 

「この菖蒲が湯船に浮かんでいる様子は、映画のワンシーンにでもでてきそうだね。」なんて笑いながら、最近何してるの?っていう話から、くだらない話しから、これから何をやろうとしてるかなどを、ざっくばらんに話しました。

1時間くらい湯船をでたり入ったりしながらのんびり話して、何度か水シャワーを浴びて、ボーっとしました。

 

その後は、友人の行きつけの居酒屋に行って、軽く食べて飲みました。体がリラックスしながら、おいしくて、楽しい時間をすごせるのは、とても心地が良かった。

久しぶりの再会が銭湯っていうのも自分たちらしいけど、こういう時間の使い方も増やしたいな、と思います。

銭湯からのご飯コースの何がいいかって、健康的な感じがするのと、体が芯から温まってリラックスでて、いいアイディアがでること。仲良くなれること。あとは、金銭的にも普段より安くなることですね。全部で2,500円くらいでした。

 


家に帰ってTwitterを見ていたら、仲の良いライターさんが、菖蒲湯に入ったと書いてました。来週、月曜日に一緒に銭湯行く予定です。

今、日本の銭湯も、銭湯に入る人が減っていると聞くけれど、僕はこれからも銭湯が残ってほしいな、と思います。好きな日本文化。

フロニケーション、いいです。おすすめ。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts