仕事で一番やってはいけないのは、自分や人に対して諦めること | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

仕事で一番やってはいけないのは、自分や人に対して諦めること

カタールでの懐かしい一枚。もう4年前。

 

「仕事で一番やっちゃいけないのは、自分や人に対して諦めること。それをした瞬間、全部が終わるよ。」

 

4年前カタールの国際ブックフェアーで仕事をした時、舞台裏で、恩師である櫻井孝昌さんに言われた一言。

櫻井さんは国を巻き込んで、世界中で日本系のイベントを開いて、文化発信をしていた方。

会社経営者でもあり、いわば僕の大先輩です。

 

海外でのイベントではトラブルはつきもので、例えば、モデルの人や司会者の人が遅れてしまったり、国が違う分、しっかりと意図が伝わらないこともある。

そこで、イラッとしてしまうことや投げ出したくなることもある。そんなときに、プロデューサーが諦めると、諦めた様子が少しでも伝わると、全部が終わってしまうんですね。

 

今、MATCHAは、インバウンド観光のメディアで、そこそこのポジションになっています。数字もどんどん伸びてきています。

今まで大変なことが沢山ありました。一度でも事業を諦めていたら、今はなくて、続けているからこそ見えたことばかりです。たとえ、自分一人になったとしても、やり抜いていく覚悟が会社経営には必要です。

 

自分に諦めないことと同じくらい大事だと思っているのは、人に対して諦めないこと。

自分たちがやっているのは新しい領域。何かを挑戦してうまくいく確率って低いんですね。

いろんなバッググラウンドの人が関わっている会社だからこそ、いろんなトラブルがおきるのですが、そこで少しでも諦めたり、また諦めたことが伝わると、そこから色んなことが崩れていく。

 

この考えは、過去の自分自身の体験からも来ています。

諦められるのがわかると、言葉が出なくなったり、新しいアイディアが出にくくなってしまうんですね。

そうなると、どんどん身動きがとれなくなって、結果がでにくくなって、更に苦しくなっていく。

その時は心底辛くて、だからこそ、そういったことをこの会社ではしたくないと思っています。

 

少し前にこんなエントリーを読みました。

 

諦めないこと、と近いなーと思いました。

最初はできないのは当たり前で、まずは信頼して、信頼されて、徐々に仕事の文脈がわかってきて、その後にようやく、その人本来の力が発揮されるんじゃないかと。

 

諦めないって当たり前の言葉のようで、意外と深い言葉だと思っています。

これからもこのスタンスは続けたい。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts