訪日メディア「MATCHA」4年目へ。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

訪日メディア「MATCHA」4年目へ。

3年前の2014年2月3日時のサイト

 

matchanew

今のサイト(現在、デザインリニューアル準備中)

 

先日の2月3日で、訪日メディアMATCHAができて3年が経った。今は、4年目になる。

2月1日から3日までは日経のインバウンド総合展に追われて、まったくと言っていいほど、3年が経ったことを忘れていた。

 

思い出したのはイベントが終わり、会社に夜戻ってからで、それについて話したのは編集長をしている植松さんが最初だった。

「青木さん、そういうの多いですよね。」と焼鳥を食べながら、植松さんに言われて、まぁそうだよなぁと。

メディアの3周年イベントのようなものをやってもいいかな、と思いつつ、それは今考えていることが形になった時に大きくできたらと思う。

 

この3年間、色んな訪日メディアが生まれては消えて、段々と知られる存在になった。

どこを目指しているの?と言われると、メディアを立ち上げた時と変わらずで

メディアとしては、「訪日客の体験価値の最大化。」

会社としては、「日本の価値ある文化を時代と共に残す。」

というのを理念として動いている。

 

大きな大義があればあるほど、周りからの冷やかしだったり、ほんとにそれできるの?

というのがあるけれど、こういうふうに掲げてよかった思う。

色んな面白いメンバーが入ってくれたおかげで、最初の頃には考えられなくらい、見えるものやできることが増えてきている。

 

th_DSC_0708 th_DSC_0712

先日の月初会+新しいメンバーの歓迎会があった。

浅草にある隅田川沿いのお店でやったのだけど、とても楽しい時間になった。

 

CTOの若林さん、タイ人の営業のカオさん、経営企画・総務で大学学部の同期の太一が入ってくれて、会社の雰囲気が変わった気がする。

2月は何度も転換点になる月だ、と色んな所で言っていたのだが、それが本当に実現していきそう。

 

いやはや、仕事は人だな、と。いろんなことが前向きに、前に進んで楽しい。一人ひとりに個性があって、素敵な人達が集まったなーと懇親会をしていて思った。一人ひとりのやりたいことが、この会社の方向と重なって、この会社に入って良かったといえる環境にしたい。

 

メディア4年目は、訪日向けのアプリ開発を始め、様々なことに取り組んでいく予定である。

色んな人に支えられながらここまでやってこれて、純粋に嬉しいし、もっと良いメディアにしないとと思う。

同時に、会社にいる一人ひとりがこの会社だからこその体験や経験が生まれる組織にしていきたい。

 

引き続き、一緒にMATCHAというメディア、会社を大きく成長させていくメンバーを募集している。

日本の良さを世界に出していきたい方、インバウンドという領域に可能性を感じている方に是非きてもらいたい。

 

職種としては、WEBディレクター、マーケター、エンジニア、編集者、等全職種的に募集中。

Wantedlyでも個人宛でもいいので、是非連絡をもらえると嬉しいです。

 

追記

Facebookページも4万いいねを達成していました。

よかったら、こちらもいいねを是非!

 

.

 

 

 


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts