MATCHAのルーマニア人編集者が、大学で非常勤講師に。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

MATCHAのルーマニア人編集者が、大学で非常勤講師に。

th_DSC03069

th_DSC03057

MATCHAは15人中5人外国籍のメンバーがいる会社。

言語責任者や翻訳者を含めると、100人以上の外国人の方が関わっている。皆個性が強くて、色んな角度で物事に対して意見が生まれるのが面白い。

 

MATCHAの英語編集者であり、ルーマニア人のラモーナさんが非常勤講師をしているというので、授業を受けに行った。

ラモーナさんは、早稲田の博士で能と舞台芸術を研究していて、1年半前に面接した際に、「先週は、世阿弥についてディスカッションしてました。」の言葉をもらって、一緒に働きたいと思った。こんな人、中々いない。

 

講義内容は、日本文化について。聴講者は日本人と外国人で半分。

自分が行った時の授業のテーマは、日本のお笑い文化についてで、狂言や現代落語の映像を流しながら、説明していた。

堂々と話していて、微笑ましかったし、ラモーナさんの講義がきっかけで、日本に対しての関心が高まる人が少しでも増えたらいいな、と思った。

 

th_DSC03064

th_DSC03071

途中、立川志の春さんが出ていてた。

週一コマとはいえ、準備周り大変なのと、ラモーナさんは何事にもやり込んでしまうので、仕事との両立に無理がでなければいいな。

 

ともかくも、仕事外での活躍は大歓迎。

他の編集者を例に取ると、繁体字版編集者のミホさんも、台湾で本を三冊出してたり、台湾に戻る度ラジオに出たりしている。うちのCTOも他の会社で、アドバイザーをしている。そういう活躍は見ていてすごいなと思うし、MATCHAに対しても長い目線でみると、きっとプラスになるはず。

 

今後の世の中、会社がどう動くかを考えた際に、複数仕事を持つというのは会社にとっても、個人にとってもありな選択だと思う。もちろん、本業を疎かにしないという前提で。

 

個人にとっては視野が広がることにつながるし、会社にとっても新しい風を社内からも起こす大きな要因になる。

人が外に流れてしまうリスクはあるのだが、社内で新しい風が常に起こる状態にして、この会社がなんだかんだで一番面白いな、と思ってもらうぐらにしたい。

 

MATCHAでは、週1仕事後勤務、オンライン上でも進んでいるプロジェクトが沢山ある。

エンジニア、プランナー、マーケター、人事、営業等、全職種的に募集している。

 

是非興味がある方は会社サイト、Wantedly等でご連絡いただけると嬉しい。

→ 訪日メディア「MATCHA」の求人まとめ

→ 会社のメンバーページ

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts