平均月給20ドル?社会主義国家「キューバ」の衝撃 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

平均月給20ドル?社会主義国家「キューバ」の衝撃

th_IMG_9840

th_IMG_9835

th_IMG_9811

th_IMG_9898

th_IMG_9894

th_IMG_9853

th_IMG_9858

th_IMG_9871

th_IMG_9872 

th_IMG_9868

th_IMG_9875

夕日はどこでもきれい。

th_IMG_9760

夜は時にバケツをヒックリ返したような雨が降る。

 

キューバと聞いてどういうイメージが湧くだろう。

社会主義国家、ビーチがきれいな国、中南米、クラシックカー天国、アメリカから経済制裁を行われた国、サルサ、キューバ音楽、。

 

メキシコから近いこともあり、土日の時間を利用してキューバに行ってきた。

自分はサルサもキューバの音楽にもそこまで深く知っている人間ではないけれど、社会主義国家で、今見ておくべきだ。と何人もの人から勧められていたから。

 

キューバは、2つの異なる通貨があり、平均月給が20ドルで、中国よりも厳しいインターネット規制、airbnbが変えた若者、、。

実際に行ってみた、自分の感想はこれだ。百聞は一見にしかずの通り、行ってみないとわからないことが多い。

 

 

2つの異なる通貨がある国

キューバは2つの通貨がある国。現地の人が使うCUPと、旅行者向けのCUC。

CUCは1CUC、1ドルぐらい。同じものだったとしても、100倍近く価格差がある。

なぜこのようなことをしているかというと、現地の物価が安すぎて、現地通貨のままだと観光収入になりえないから。

空港ではクレジットカードのキャシングを使って、100CUCほど降ろした。

CUCとCUPのお札に違いを理解していないと、実際にお釣りをもらう際にこれがCUCで返されているのか、CUPの現地通貨で返されているのかわからなくなるので注意。

 

 

平均月給与20ドル

th_IMG_9815

利用したトゥクトゥクみたいなタクシー。

 

キューバは平均の月収入が20ドルと言われている。国民の99%が国を出たことがなく、キューバの地方の殆どが首都であるHavanaに行ったこともないらしい。

ちなみにタクシーは一回にあたり5CUC~15CUC(5ドル~15ドルほど)。空港タクシーは25CUC。え、じゃあタクシーの人は結構儲かっているの?と思うと、月あたり600CUCほど国に収めないといけないらしい。。

また、詳しくは調べていないけれど、CUCからCUPに返金する際に手数料として大きく引かれる気がする。

 

厳正なるインターネット規制

th_IMG_9770

VICEの旅行パンフ。持って帰れば良かった。

 

キューバは、インターネット規制が強い。中国のようなFacebookやGoogleが使えないというレベルではない。インターネットを、一般に解放していない国。

もし必要な場合は、ESTECという通信会社からWifiカード(1時間200円ほど)を購入し、Wifiが通じるホテルや広場で使わないといけない。このニュースを知った時、嘘だろ、、と最初思ったのだが、本当にそうだった。

しかもその通信速度も微弱で、一つ一つのサイトを見るにもかなりの時間がかかる。また現地の平均給与からすると、その額は払えず、インターネットに日常的に触れるのは難しい。インターネットに関しては、国が段階的に広げているとのこと。

 

 

Airbnbで会った若者との出会い

th_IMG_9796

自分とAirbnbホスト

 

th_IMG_9766

レトロな冷蔵庫。中の写真は取り忘れたのだが、きれいで過ごしやすかった。

 

Airbnbで出会った若者との出会いが面白かった。

彼はハバナの大学を卒業して、政府にシステムエンジニアとして勤務。月給は40ドル!

働きながらAirbnbを始めた所、たった一泊一部屋で月収分を稼いでしまった。月の収入が10万以上を超え、多い時は20万の月もあるとのこと。一ヶ月やそこらで普通の人の2年分を稼いでしまう。一泊4000円の部屋を3つ出していて、全てが埋まると30万以上にもなる。キューバでこの収入はすごい。

ちなみにインターネットもSEの知識を活かして、無料で使えるようにしていた。ちょっとグレーだと思うけど。

 

「このビジネスの次の展開は?」と聞いたところ、家をもっと整備して単価を上げたい。来年以降にはアメリカに家族と移住をしたいと、言っていた。

この若者もすごいと思ったし、Airbnbが広く世界の人に機会を作り、多くの人の人生を変えているを実感した。世界を変えるサービスとは、こういうことを言うんだろう。

 

iPhoneを失って、警察に3時間ほど拘束 

th_IMG_9738

th_IMG_9725

このタクシーでiPhoneがなくなった。

 

th_IMG_9778

キューバの警察署その1.お城みたい。

 

th_IMG_9802

キューバの警察署その2.外だけは立派。

 

ちなみに、日本大使館までのタクシーでiPhoneがなくなってしまい、警察に3時間ほどお世話になった。

目的はポリスレポートを発給するため。iPhoneはどう頑張っても返ってくることはない。

 

「どれだけ頑張っても給与が変わらないから、ここの警察は頑張らない。働かない。ふざけてる。」と、airbnbで出会った若者は言っていた。

「なぜ自分がここにいるのか?何を求めているか。」の目的を最初しっかりと明言して話を進めていったほうがいい。下手したら半日以上いることになると思う。

ちなみにクレジットカードもiPhoneケースに入っていたので、それは領事館の国際電話を借りて止めた。

 

 

なんというか、こんな国が存在するのか、というのが正直な感想である。

この後色んな人にあったら、キューバは車をレンタカーしたほうがいい。

キューバ料理がとても美味しいお店あったり、Googleがテクノロジーセンターを設けてたり、1時間ほど車を走らせると良いビーチがある、、等たくさんの情報をもらった。

次行くのはいつになるかわからないけど、その時は今回の糧を活かして旅をしたい。


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts