良い会議をするために、最低限必要なこと | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

良い会議をするために、最低限必要なこと

th_pic

 

昨日は、来期のとある目標の会議があった。

自分は数週間前にあった予定が入っていて、途中から入ろうと思っていたのだが、様子を入るのを辞めた。

雰囲気はあまりよくないけれど、自発的な意見ができて、いい方向に向かっている感じがしたから。

 

とはいいつつ、最後に部署の一人が

「ちゃんと準備をしてください!じゃないと、この会議、何の意味もないですよ!」

と言っていった。

 

こんな発言がでるのも恥ずかしいことだけど、あえてここに書いていく。

本当にそうだなと思うし、二度とこのような声が聞こえないようにしたい。

 

いい会議をするために

1.事前に決めたいこととアジェンダ明確にする。

2.1をするために必要な準備、人員を決める。

3.終わりの時間を決め、全員が目的意識を持ち、積極的に会議に参加する。発言しない人はいれない。

が最低限必要。

 

上記3つの意識がしっかりとしていないと、無駄な集まりになってしまうことが多い。

もちろん瞬間的に決められるものが沢山あるものだったら、テンポよく決めれば良いけど、そうじゃないことばかりじゃないから同じ時間に人が集まって話し合うわけで。

 

そういった一つ一つの姿勢は、一時期的にはごまかすことができても、本人に、後で絶対に返ってくる。

増しては、チームを率いるリーダーなら尚更のこと。

 

どこかの本で、できるリーダーが決断が早いのは、常に様々な手を想定して考えているからだ、と書いていた。

いきなりそこまで求めないにしても、やるべきことを最低限やらないと、人はついてこないし、どこかで見放されてしまう。


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts