「リゾート運営の達人になる。」という強いビジョンから学べること | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

「リゾート運営の達人になる。」という強いビジョンから学べること

th_IMG_1438

先日、株主の星野リゾートの星野さんとの定期MTGがあった。

2ヶ月に1回MTGの時間をお願いしたい、そうお願いして始まった第一回。

 

この日は、星野リゾートのビジョンに関して聞いた。

星野リゾートのビジョンは「リゾートの運営の達人になる。」

 

自分がこの言葉が好きなのは、星野リゾート出身の友達に「リゾート運営の達人になりましたか?」

と聞いたら、「なりました。」と言われたことが大きい。

 

この言葉は、会社の方向性と個人の方向性、そしてそのアウトプットが消費者の満足度に直結している。

実際に星野リゾートに何度か泊まって、本当に感動していたのだが、このビジョンの浸透が星野の強さなんだと思った。

オープンにしていい言葉を選びつつ、備忘録的に整理したい。

 

ビジョンは、何になりたいか。

ビジョンは、何をしたいか(DO)、より、何になりたいか(BE)。

小学生が「プロ野球選手になりたい」、というのは明確なビジョン。小学生が聞いてもわかる内容。それぐらいわかりやすいといい。

また経営者が本心で言えるかどうか、伸びていくビジネス的な匂いがあるか、というのもポイントだと言っていた。

 

また、現状とのポイントが違いがはっきりある。現時点での実現可能性は考えてはいけない、

現実に近すぎるビジョンを立てすぎると、大きな成長が望めないからである。

 

このビジョンを狙うためには、大きなリスクをおう必要がでる場面がでてくる。

その時に、大きな挑戦を、後押ししてくれる言葉がビジョン。

 

 

ビジョンの浸透の経営者の仕事である。

強いビジョンを作ることもそうだが、大事になってくるのはビジョンの浸透であるということ。

これは経営者の一番の仕事である。星野リゾートはビジョンの浸透のために、「リゾート運営の達人になる。」という声が入った目覚まし時計を配ったほどらしい。笑

ただ壁に書いたり、発言するだけではなく、ビジョンと会社の目標数値を具体的に紐付け、一人一人の行動計画に落とす必要がある。

 

フラットな組織であればあるほど、共通目的意識となるビジョンの浸透は必須である。

なぜならば、一人一人に権限や自由度がある組織であればるほど、仕事の量は無限と増えるから。

その時に、1つの方向をしっかりと向く言葉を作らないと、力が分散して成果がでにくくなる。

 

MATCHAのビジョンも、とある言葉に先日定まった。

全員が本気でそう思え、共通言語になる分だけ、組織が強くなると信じている。

 

 

あんまり人からの学びをブログに書けていないので、定期的にブログに書いていこうと思う。

星野さんと次お会いするのは、スキー場になるかも。それまでに滑れるように頑張らなければ。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts