初オンライン英会話は、ガーナ人講師 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

初オンライン英会話は、ガーナ人講師

今更ながら、オンライン英会話を始めてみた。

きっかけは北京に行って、久しぶりにビジネスで英語を使ったことから。

伝えたいことの半分くらいしか伝えられず、もどかしい思いをしたのが大きい。

 

初講師はガーナ人。レッスンは一回25分ほど。

今回は初回だったので、イントロダクションレベルのスタート。

 

簡単に自己紹介しあって、互いの文化について伝え合う。

ガーナはチョコレートやダイアモンドの名産地で、アフリカに位置している。

多くの人が複数の言語を話すことができ、彼も7つの言葉を使えると言っていた。

bankuというカレーみたいなものが日常的によく食べるという。

 

本人は当然日本に来たことがないし、日本のことはよく知らない。

日本を知らない人に、日本を伝えるのは難しいけど面白い。

 

Please tell me Japanese Culture.

Tell me Japanese History.

 

と言われて、上手く英語で答えられずもどかしかった。

というわけで、このあたりは明日のレッスンで各1分ほどで説明できるようにしたい。

総じていうと、想像以上の体験だった。

 

音声もクリアだし、講師も落ち着いてて話しやすい。色んな文化を知れるのが面白い。

1日30分をやることで英語が日常化して、瞬発力が上がったらいいと思う。

あとは、あとは朝にレッスンを入れれば、早起きの習慣にもなるしいいかな、と。

 

ちなみに今回登録したのは、DMM英会話。

他のでも良かったのだけど、価格も安くて知り合いがやっていたのがきっかけ。

なんでもいいから始めたい、って人にはおすすめ。


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts