株式会社MATCHAを設立して5期目に。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

株式会社MATCHAを設立して5期目に。

2013年12月3日に株式会社MATCHAを設立した。

前職を辞めて、2ヶ月ほどの期間、自分は無職だった。

 

やる事業はほぼ決まっていたので、誰とどんなことをやるかを考える動く期間。

当時マニラいた弟に会いにいったり、日本人が所有しているカオハガン島に行ったりした。

 

12月3日にしたのは、123という数字の並びがきれいだったのと、カレンダーの日ということを知ったから。

1872年の12月3日が、いきなり翌年の1月1日に変わった日であり、旧暦から太陽暦に変わった日である。

つまり、日本標準から世界標準に変わった日。自分がやろうとしていることとどこか重ねてしまった。

 

この日だ!と思い、急いで「会社 設立 すぐに」みたいな検索をして、4日ほどで会社を作った。

このあたりのギリギリ感は今も変わっていない。

 

あれから4年がたち、今日で5期目になる。

 

 

1

星野リゾートとの資本提携

 

th_EmptyName 59 2

株主のレオス藤野さん、スノーピーク山井さんと。

 

officeparty

オフィス移転の集合写真

 

snowpeakcamp

会社のキャンプ合宿にて@新潟スノーピークHQ

 

4期目は本当に色んなことがあった。

メディアは昨年に比べて2.5倍近く成長し、人数も10人から30人近くになった。

心強いメンバーが増えてきて、会社らしくなり、組織としてできる幅が広がった。

星野リゾートやスノーピーク、強力なエンジェルが入り、目立った動きが多かった1年だったと思う。

傍からみたら勢いがあってうまくいっているように見えるかもしれない。

 

じゃあ、順風満帆かと言うと、全くもってそんなわけではない。

毎日のように課題が振ってきて、星空を見て最高だなーとか行っている次の日に、どん底まで落ちるような出来事に直面する。

SNSやブログで発言できることよりも、できないことのほうが多い。ほんとに。

 

ネガティブなことを言ってもどうしようもないし、結局は自分たちで解決しなければいけないことだからだ。

出だしが長くなったが、4期目の学びを書き、5期目について書いておこうと思う。

 

後々の自分のためにも、会社のメンバーや、これから会社を起こす人に参考になれば嬉しい。

 

 

会社は人で成り立っている

これは何度も書いていることだが、会社は人で成り立っていると実感した。

たった1人の参画で会社が大きく変わる。それを意識した上で、どんな人と一緒に働きたいか?をよく考えた。とにかく悩んだ。

前期は今までと違った層が入ってきて、会社が会社らしく、立体的になった。経営者は自分より優秀な人をいかに採用できるか、という話があるが、それを身をもって体感した。今期はそれをもっと意識していきたい。

また組織の目標設定や一人一人のミッションの設定の度合いで、随分と状況が変わる。いい人が入ればなんとかなるというのは甘えで、会社としてそのあたりをもっと設計していかないといけないと痛感した。

関連記事:能力がある人より、ビジョン共感度が高い人を採用したほうがいい理由

 

 

ミッション、ビジョン、バリューの定義は超大事

MATCHAのミッション、ビジョン、バリューが決まった。

ミッションは「日本の価値ある文化を時代とともに創っていく」

ビジョンは「世界最大の訪日観光プラットフォームになる」

バリューは「MULTI USERS FIRST」「RESPECT」「CHALLENGE」

これについてはまた別記事で書こうと思うのだが、これが決まってから採用や組織の方向の意思表明がやりやすくなった。

まだまだ評価に紐付け、行動指標まで落とすことができていないが、方向性はズレていないと思う。今期はそのあたりが課題になると思う。

 

 

人が増えれば、会社が成長するわけではない。

人数が増えて会社が賑やかになって、より会社が成長するかというとそんなことない。

当然いい出来ことも増えるけれど、悪いことが起こる頻度も上がる。一人一人とのコミュニケーションの数は絶対的に減っていくし、マイナスの兆候に気づき対処する時間も減る。

接する回数が多ければ多い分だけ、その人の強み、弱みを知ることができ、シナジーも生まれやすくなる。「コミュニケーション不足」という言葉は簡単に使えるけど、仕組み的に予防したり、会社として意識を高めるのは簡単じゃない。でも、いい人や面白い人が増えるのは嬉しい。

 

 

振り返りをこまめにしながら、最適な角度で進む。

振り返りの頻度が少なかったなーと思った。同じバットの振り方を、今月も来月も繰り返していく。

日々の時間に忙殺されていて、何が上手くいって、何が上手くいかなかったか。それを省みる習慣が特に前半は足りなかった。

振り返りがないと物量が増えれば物量分増えるけれど、それ以上の成長は見込めない。後半になるにあたって、いわゆる振り返りと改善の回数が上がってきたが、まだまだだと思っている。

 

 

機会を活用しきれていない。

自分で言うのも何だけれど、MATCHAは機会に恵まれている会社だと思う。

良いメンバー、良いクライアント、いい方々に沢山助けられて、いい流れが多く来ている。

ただ、それを十分に活かしきれているかというと、全然だな、と思った。もっとここの所努力して踏み込んでいけば、何倍もレバレッジが効くという場面に何度も出くわしたし、体制が整っていないが故、また選択と集中ができていない故に失ったものも多かった。

そのあたりは、適度な振り返りをどう個人として、組織として活かすべきかを常に考えながら走っていきたい。

 

 

自分のパフォーマンスを出し切れていない。

本気を出していることと、パフォーマンスが出ていることは違う。

当然本気ではあるが、限られた自分の時間を、ベストに投下できて、パフォーマンスを最大限に出せているかとそうではないな、と反省してる。

今、自分が本当に大事にしなければいけないことは何か?を常に向き合って動いて変化していかないと、これからより優秀な人が入っていく中で、組織の中の自分の価値はどんどん下がっていく。

 

 

5期目はどうするか。

と、色々と内省的なことは書いたが決してネガティブなことばかりではなく、この現状に気づけたことが良かったと思う。

まず、上記であげた課題を解決していく。そして、来期はより戦う場所をどこにするかを考えるようにしなければいけない。

どれだけ優秀なメンバーが集ったとしても、戦略が時代の流れに逆らっていたら、うまくいくものもうまくいかない。

今自分はどのレイヤーの戦略を考えているかを日々考えながら、自分たちがやるべきことに集中していきたいと思う。

 

 

ワクワクするような事業、企画を。

月始めの全社会議で、「今期は、今年は心底ワクワクするような、MATCHAすごいな、やばいな、といえるようなものを作りたいです。ユーザーに対しても、世の中に対しても。」と話をした。一番自由に他の人がやっていないことをやったのは、会社を作って最初の半年ぐらいだったな、と思う。映像も、やさしい日本語もその時である。

自分の パフォーマンスを最大限出し切り、なんでうちの会社ってこんなことできるの?というものをどんどん作り出していきたいと思う。

 

以上、まとまりなく思うことを書いたが、3ヶ月後、半年後見返した際に、よくこんな恥ずかしいことを書いていたなーと思えるように頑張りたい。

5期目のMATCHAは今まで以上に成長していくので、是非応援してもらえると嬉しいです。頑張ります。

 

 

世界最大の訪日観光プラットフォーム作るメンバーを募集

また、引き続き、会社のメンバーを募集している。

職種は、エンジニア、プランナー、海外マーケター、人事、広報、と全職種的.。

是非興味がある方は会社サイト、Wantedly、青木の個人FB等でご連絡いただけると嬉しい。気軽にお茶でも行ければと!

→ 訪日メディア「MATCHA」の求人まとめ

→ 会社のメンバーページ

 青木のFacebook

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts