Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 160
 

デリーから飛行機でラダック、レーに向かう。

ラダック レー

7月16日 デリ →レー

朝の4時45分、レー行きの飛行機に乗った。たまたまホテルが一緒で、飛行機の便も一緒だったけいたさんとレーに向かった。けいたさんはシカゴで働かれている方で、仕事の話や人生観の話などはとても興味深かった。7週間の休暇を取り、インドやドバイ、オマーン、ヨーロッパを今回の休みで回る予定だという。7週間の休暇ってすごい。

エヴェレスト

ラダック レー

飛行機からエベレストが見れるとワクワクしていたのだが、徹夜のせいか、飛行機に乗って到着まで爆睡してしまった。うーん、悔しい。

ラダック レー

ラダック レー

とんでもない場所に来てしまったな。レーに着いてまず思ったのは、それだった。すさまじく景色がきれいだった。

 

空港で対応してくれた人たちはインド人ではなかった。いや、正確にはインド人なんだろうけど、顔がチベットの人の顔だった。そうだ、ここはインドの中のチベットなんだっけ。

 

タクシーでセントラルに向かう。どこでもいいから、まずホテル見つけて休もう、寝よう。僕とけいたさんが考えてることは一緒だった。少し歩くだけで、息が切れる。しんどい。

 

いきなり標高3500mのところに来たせい、体と頭が重たかった。寒気もした。トレッキングの時に感じたダルさとはまた違うものだった。

 

オンシーズンのせいで、ホテルがどこもいっぱいだった。結局400RSの民家みたいなよくわからないところに泊まって、僕は5時まで爆睡した。起きた 時は、頭痛がひどく喉も乾いていて、ボロボロだった。正直一歩も歩きたくなかった。そんな一時、水と高山病薬を買ってきてくれたけいたさんは神に見えた。正直なところ、大丈夫と言葉で行っていたが全然大丈夫じゃなかった。

 

起きてから少し休んで、ご飯を食べに行く事に。どれだけ体調が悪くても食欲があるのは相変わらずだった。その夜食べたチキンチャーハンとカスタードアップル?は最高に美味しかった。

 

宿に戻って、水を1L飲んですぐ寝た。

 

 

 

デリー大学に忍びこんだ。

デリー大学

デリー大学

7月15日 デリー

 

デリー大学に忍びこんだ。いや、普通に門から入った。

 

日本からの友人のえりこ(@eriko__apple)と急遽その日の夕方デリー大学に行くことになったのだ。とりあえず、デリー大学行ってそこの学生と交流してみようよ、そんなノリだった。完璧にノリだった。

 

途中ネパールで会った、でっちとメインバザール再開して三人で行くことに。

インド 電車

インド 電車

インド 電車

デリー大学はメトロを使って、20分くらいのところにある。メトロは日本と同じくらいにきれいだった。

 

デリー大学は大きかった。街全体がデリー大学といった感じで、一画に一つ学部が振り分けられていた。なんとか開いている門を見つけ、デリー大学に針生。時間は7時近くを指していて、学生はほとんどいなく閑散としていた。

デリー大学

芝生で寝っ転がったりしながらだらだら話したりして、デリー大学の学生とは誰一人話さず、デリー大学を去った。

 

あれ、なんのためにデリー大学に来たんだっけ。

 

 

コーノートプレイスで映画、Delhi Billyを見る。

コンノートプレイス

コンノートプレイス

7月14日 デリー

お昼ごろコーノートプレイスのKFCに行き、映画見にに行った。インドでは人気らしく、一度行ってみたかった。

コンノートプレイス 映画

コンノートプレイス 映画

この映画館のチケットは三つの階層に分けられていて、一番上位のPremireは280RS、真ん中のStarは225RS、一番下のClassicは200RSといった感じだ。僕は真ん中のStarを選んだ。

 

見た映画は、Dehli Billyというアクションコメディーで、なかなか面白かった。ただ、インド人のツボがわからないのと英語力の足りなささで、映画を見ていた人とのズレを感じたりしたが、映画は面白かった。名前のとおりデリーを舞台にした映画で、知ってる場所が何度か見れた。

 

この映画館では財布と携帯以外の持ち込みは不可で、荷物はすべてロッカーに預けなければいけない。当然カメラなどは駄目だ。このロッカーが怪しかった。ロッカーと言いつつも、そのロッカーは映画館の裏の人通りのある場所にあり、見張りは一人で、しかも普通の格好をしたおっさんで、ロッカーも鍵が付いていない。荷物に数字のついたタグを付けられて、その引換番号を渡される。映画中終始、荷物が不安だった。もし、そのおっさんが誰かに殴られて、荷物を持って行かれたら終わりだ。

 

主人公が昨日お会いした横山さんと雰囲気が似ていたのは、映画が終わったあとに気づいた。

 

荷物は無事だった。

 

 

 

APEXインド現地法人CEOの横山博哉さんとお会いしました。

th_IMG_1341-t.jpg

デリーになんとか行き着いた夜、APEXインド現地法人CEOの横山博哉さんとお会いしました。
Twitterで横山さんのことを知り、Facebookで連絡でとり、お会いしていただくことに。ちょうど前の日にデリーに戻って、次の日でお忙しい中に会っていただいた。

会う前に電話で初めて声を聞いた瞬間、「あ、会ってみたい」と思いました。電話でアイスブレイクしたのは、人生で二度目。実際会ってみたら、やっぱりとても素晴らしい方でした。

横山さんは、日本の専門商社勤務ののち、APEXインドの現地法人の代表としてデリーで働かれている。
APEXはベトナムを中心としたアジア全般で活動している旅行代理店で、横山さんは日本とインドの旅行者の架け橋となる仕事をされているサムライだ。

インドのことや仕事のこと、ソーシャルメディアや若者の話まで多くの話しをさせてもらった。色々と貴重なお話をいただいて、自分だけで消化するのは勿体無いので、この少しまとめさせてもらいます。少し質問も載せさせてもらいました。

 

なぜインドで働こうと思ったんですか?

→日本経済、世界経済を学んでいくうちに、新興国としての大きな可能性をインドに感じたからです。10年20年先を考えた時、海外でも通用するスキルがビジネスの世界で必ずや求められると思い、それなら経験を積むにはインドだろうと。

その経緯はなんだったんですか?

→ リーマンショックで不況を体感し、日本を良くする為にはどうすればよいかとライターの勉強、インド系ベンチャーでのインターンでインドと出会い、その後
入った会社でのベトナム勤務でたくさんの海外で働く諸先輩方に勇気づけられ、今、旅行会社の代表としてインドに立っています。

インドで苦労していることは?

→ ほとんど慣れますが、全てです(笑)ベトナム(ホーチミン)と比べても比較になりません。。ただやはり一番困っているのは、食事ですね。日本食屋もありま
すが、相場よりも高めですし、職場・家からも遠いのでなかなか行けていません。豆腐や日本のご飯が大好きなので、毎日カレーばかりではさすがに飽きてしま
います。。

インドの魅力はなんですか?

→一言では言い表せませんが、よく「インドは宇宙だ」と喩えられるように、この国には全てがあると思います。またインドに来る方は、“インドに呼ばれて”来るそうです。百聞は一見に如かず、とにかく呼ばれた方はまず体感してみてください。

今後どうしていこうと考えているか。夢や目標などがあれば教えてください。

→まずはインドでの仕事を増やし会社を大きくすることに注力しています。そして日本人にもっとインドという国の面白さを伝えていきたいです。将来の夢は、世界で活躍する和僑達をバックアップできるような人間になることです。そして彼らが食に困らないような日本食屋もプロデュースしたいと思います(笑)

若者に向けて一言

→若者よ、インドに来たれ!

 

帰り際にTSUMUGIバンドをプレゼントをさせていただいた。水色の時計ととてもあっていました。

もし、インドで働くことに興味がある人は是非横山さんに連絡をとってみてはいかがでしょうか。若者大歓迎だそうです。横山さんのFacebookはこちら

横山さん本当にありがとうございました!

・・・・

▼インド関連情報
横山さんに多くのインドに関連する情報を頂いたので掲載させてもらいます。本当にありがとうございます!!

[インド所得階層]
インドの国内市場は急速な拡大基調
名目賃金・・・40,141ルピー(約8万円)(2008年) 前年比13.3%増
中間層の増大・・・年収10~15%増 超富裕層の増加・・・個人資産10億ドル以上53人
低階層の生活レベル向上
一日2ドル以下の生活者・・・約8億人
一日1ドル以下の生活者・・・約3億4千万人
栄養失調者・・・2億2千万人(19.3%)
1977年は51.3%・・・30年で32%減少・・・年間1%減少
30年で人口約5億人増加・・・1年で2,000万人増

[携帯電話普及数]
2011年2月7億9,138万台突破
月1,500~2,000万台のペースで増加中
2012年3月末に8億台・・・政府目標

これらってとても驚異的な数字だと思う。例えば、今日本ではモバイル端末に対するサービスが爆発的に増えているが、インドのモバイル端末向けにサービスを作って、流行らすことができたらとんでもないことになるんじゃないかと思った。もちろん、デバイスごとの機能の格差があるのでそちらも考慮しなければいけないと思うが、それでもチャンスだらけの市場だと思う。

[インドの人口分布の特殊性]
人口100万人以上の都市 約65都市・・・2億人
人口100万人以下の都市・村落・・・10億人
人口1万人以下の村落が圧倒的に多い 都市分散型国家→道路総距離数・・・330万Km
(中国は180万Km) 飛行場126ヶ所、鉄道63,140Km、港湾11主要港
インフラ未整備 →分散型に適したインフラ整備と流通システム
→大量高速輸送システムの構築の必要性

交通インフラや輸送インフラの不確実性などがあるため、ECの市場としてはまだまだに見えるかもしれないが、65都市に2億人もいて、今後インフラが整い、都市部に人が増えていくことが考えられると、一気にECが爆発するのもそう遠くないように思えた。

インドや中国はこれから熱い、というのはよく聞いていたが、実際に数字としてみるとそれらの意味がよくわかる。少なくともこの国が伸びないわけがないと思った。

▼参考

参考までにこんな所も紹介してもらいました。

ハバタク株式会社(Habataku Inc.)

http://www.habataku.co.jp/
世界にハバタク冒険者を増やす。グローバルなネットワークと知見をベースに、独自の探究・共創型のプログラムを企画・開発・運営し、教育機関から企業・個人まで幅広くサービスを提供します。

ハバタク株式会社様は和僑(海外で活躍できる人材)を育てる為に若手を海外進出させる支援、企業のコンサルティングなどをやっている会社です。

Student India BOP Project
http://twitter.com/#!/fuwarinka
(代表の方のtwitterアカウント)

Student India BOP ProjectはビジネスベースでインドのBOPマーケット調査などをやろうとしている学生団体で、企業から出資を募り、その資金で実際に現地調査、フィードバックを行おうとしている団体です。

  

 
Page 160 of 170最初少し前へ!156157158159160161162163164165少し次へ!最後
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts