Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 165
 

トレッキング最終日~達成感とこれからトレッキングに行く人への少しのアドバイス~

th_IMG_0770-t.jpg

お酒を飲んだ後に水を飲んでいなかったので、喉がカラカラになって目が覚める。

 

外は相変わらず雨が降っていて、結局晴れたのは初日だけだったんだなとちょっとがっかりする。

 

9時頃に出発して、3時間ぐらいでトレッキングの入り口で入ったNayapoolに到着する。

 

バスに乗り、その瞬間5日間のトレッキングが終わったことを実感した。

 

辛かったが行って良かった、が率直な感想だ。

 

期待してた景色も見れなかったし、残念なことも多かったが、トレッキング中に自分とゆっくりと向き合えることができたのはとても有意義な時間だった。

 

最終日はガイドとちょっと喧嘩をしてしまったけど、5日間英語で話したおかげで英語力も少し上達した。ありがとう。

 

最後にネパールでトレッキングに興味がある人に少し書こうと思う。

 

・代理店を通さないほうがいい。

大体20~30%を代理店が抜いてしまう。500ドル払ったとしたら、代理店が100~150ドル持っていいってしまうという。実際に僕をガイドしてくれたハリッシュは代理店の手数料なしだとしたら400ドルで5日間ガイドしてくると言った。正直これはバックパッカーにとってはかなりでかいだろう。僕も次他のツアーなどでガイドに付いてきてもらう際には、自分でガイドを見つけていこうと思う。

ちなみにこれは別の記事でまとめようと思うが、航空会社の比較サイトも3%ほどのサービスチャージを抜いている。僕がバンコクからネパールに行く際に使った、Jet Airwaysを紹介してくれた比較サイトはそうだった。

おすすめとしては、比較サイトを利用して安い航空会社リストをリストアップして、各航空会社に直接チケットを購入することである。世界一周をする際には大体30万円ほどの飛行機代などの交通費がかかる。そのうちの3%といったら1万5千円程度。少し手間を加えるだけでこれだけ節約できるならするべきだと思う。

特に今回のトレッキングだと、それだけで1万ほど抜かれてしまうし。もちろん代理店を使うメリットはある。ガイドの質をある程度保証してくれるし、ひどいガイドに当たる確率も少なくない。だからこそ、ガイド自身ももっとWebを介してセルフブランディング(自分のトレッキングのポートフォリオや動画、旅行者からのリファレンスをもらうなど)を積極的に行っていくべきだと思った。(行ってくれと思った。)

 

・乾季を勧めるが、雨季も悪くない。

雨季は地面のコンディションも悪く、山々の景色も見れなかったりという点で、乾季をすすめる。ただ、雨季の場合、ガイドを通常時の半額程度で付いてもらうことができたり、夕食朝食を食べるからという理由でタダにするということもできるらしい。また乾季は宿が予め予約していないと泊まれないことも多いらしいが、雨季ならば人が少ないので自由に宿を選ぶことができる。後は乾季に比べ、緑がきれいなのと霧が幻想的に見えるというのもいい点かと。

 

まだまだ思い出すことがあったら追記していこうと思います。

 

 

 

トレッキング4日目〜とことん滑って、最終夜〜

th_IMG_0731-t.jpg

翌朝目が覚めたら足全体が筋肉痛で重かった。ようやく三日分の疲れが出てきたのかと、ベットでぬくぬくしながら思った。

 

7時にダイニングに行って朝食を食べる。

 

食パンとゆで卵。これがなかなか美味しかった。

 

8時半に出発する予定が雨が強すぎて、9時頃に出発した。

 

今日は、昨日より下るよと言われた。おお、楽だ、と思った。

 

ただそれは全然間違いで、昨日の下りより全然辛かった。

 

4日目だけで、10回くらい思いっきりこけた。

 

2回は体から滑った。

 

登るより降りるほうが神経を使う。

 

一歩間違えば死ぬんだ、と自分に言い聞かせながらも、何回も滑って転んだ。

 

お昼は久しぶりに肉を食べたいと思い、ローストチキンを頼む。

 

ハウスの人に、どれくらいかかるか?と聞いたら、チキンを作らなきゃいけないから40分だと言われた。

 

つい40分前まで生きていた鳥を食べる。

 

生に感謝しながら味わって食べた。めちゃくちゃ美味しかった。

 

お昼の後もずっと下り道。

 

午後は二回しかこけなかった。

 

ガイドの歩き方を真似しながら歩いた。

 

まず足の力は抜いて、足場を一歩一歩しっかりと踏みながら歩く。

 

一歩一歩集中して歩いていたら、気づいたらロッジについていた。

 

服を洗濯して干して、本を読んで、ブログを書いて、夕食。

th_IMG_0765-t.jpg

th_IMG_0762-t.jpg

トレッキング最終夜ということでネパール来て初めてのお酒を飲んだ。エヴェレストビールうまし。

 

2日目3日目であった韓国人と中国人ともロッジで合流し一緒にお酒を。とても楽しい夜だった。

 

例のごとく、お酒を飲むと眠くなって一番最初に寝ました。

 

何かご意見があれば、下のFacebookコメント欄か、Twitterにご意見いただけると嬉しいです。

よかったら、応援クリックお願いします。現在110位。密かにランキング1位狙ってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

また、電子書籍化プロジェクトに挑戦してます。

https://readyfor.jp/projects/facebook_worldtrip

現在36,000円のご支援が集まりました!目標達成額は100,000円です!

よろしくお願いします!

 

トレッキング三日目~体調回復と韓国人と蛭~

th_IMG_0662-t.jpg

19時から7時まで寝続けた。この旅で12時間も寝たのは初めてだった。

 

朝起きたら、腹痛も熱も収まっていた。若干の気だるさが残っていたが、寝過ぎによる気だるさだと言い聞かせ、起き上がった。

 

三日目のトレッキングでも雨は降っていたが、前日ほどの雨もなく、また特に辛い坂道もなく楽に進めた。

 

逆に下り道が多く、楽しくトレッキングをすることができた。

 

ちょっと足を滑らしたら、捻挫、骨折、最悪死ぬこともあるんだろうなと思いながらも降った。

 

昼食後、あと4時間くらい歩くんだろうと思っていたら、14時半くらいにロッジに着き、今日のトレッキングは終了だと言われた。

 

ちょっと物足りなさを感じつつもロッジに着いた。

 

言語はわからなくても、声のトーン、相手の表情でその人がどんなことを発しているか分かることがある。

 

それを特に感じた日だった。あと、エベレストを見る気満々だったのだが、今回のトレッキングのコースにそれはないということを知って愕然とした。

 

夕食後はトレッキングに来ていた韓国人、kim jeong minと1時間くらい話す。

 

自国の文化のことから、旅のこと、お互いのことなど色々話した。

 

韓国で放映されていた銀魂がとても面白かったこと

 

各国でLGやSUMSUNGの広告を見て、逆に驚いたこと。彼曰くLGやSUMSUNGは韓国企業ではないらしい。笑

 

が特に面白かった。

 

また彼は、お互い違う母国語を持つものが、英語を介してコミュニケーションをしている事を嬉しく感じるとともに不思議に思うと言っていた。

 

僕もこれについては深く同意をするし、改めて共通言語の意義を感じざるをえない一言だった。

 

キムと話した後、部屋に戻る。

 

寝る前に二箇所蛭に血を吸われていることに気づいて、どう対処すればいいか焦ったが、そのまま寝た。

 

 

 

トレッキング二日目~腹痛と発熱とスコールと~

th_IMG_0579-t.jpg

 

若干の違和感をお腹に感じながら、その日は目覚める。

 

朝はとパンケーキに蜂蜜をつけたものとオニオンスープとコーヒーを頼む。シリアルは甘すぎて、すべて食べきれなかった。

 

Be careful for Leeches.(ヒルに気をつけろ)の言葉と共に、2日目のトレッキングがスタートした。ウェブサイトによると木からヒルが落ちてくるらしい。

 

出発当初は軽く雨が降っていて、ポカラで買ったレインコートとバックカバーを使って歩いた。

 

また、Learning Portalでお世話になっている山本さんから出発前に頂いた帽子を被りながら歩いた。

 

2日目は初日の2倍辛いよ、7時間登り続けるよと言われた。

 

そんなことないだろうと思いつつも、ずっと続く登り道に閉口した。

 

一緒に歩いていた中国人の女性がヒルに足と頭皮の血を吸われたと休憩場所で言っていた。

 

それを聞いてさらに気をつけながら歩いた。

 

初日と同じく、ガイドに疑問に思ったことをひたすら聞いた。

 

一つ面白いトレッキングに関するウェブサイトを思いついたので、それもこのブログに書いていこうと思う。ガイド自身もそれができたら是非したいと言ってくれた。

 

昼食前に腹痛と発熱が再開。山道に疲れたのもあって、ランチ場所で40分くらい寝た。

 

午後から本格的に雨が強まる。靴下に雨が滲み込む。歩いているときは暑いのだが、5分でも休憩すると雨風に当たって、とても寒くなった。

 

ガイドからは、唇が白いよとか、体調が良くないように見えると言われた。

 

人より白いのは少し元からだよとか思いつつも、実際体調はひどく悪かった。

th_IMG_0617-t.jpg

th_IMG_0615-t.jpg

何とかして、ロッジに着いた。

 

ロッジには暖炉があった。1時間くらい部屋に行かず暖に当たった。体の芯から冷えていた。

 

ガーリックスープとDAL BHATを食べ、汗を沢山書くために1リットルくらい蒸留水を飲んで

 

その日は19時に布団に入って、寝た。

 

12時間寝続けた。

 

 
Page 165 of 170最初少し前へ!161162163164165166167168169170
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts