Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 166
 

のんびりポカラ

th_IMG_0783-t.jpg

次の日10時くらいに目が覚める。

 

トレッキング中はいつも7時起きだったので、久しぶりにこんなにゆっくり寝た気がした。

 

11時ぐらいにゲストハウスの共用スペースに行くと司が相変わらず漫画を読んでいた。

 

おはよーと言い合って、朝食を食べる。でっちも出てくる。

 

朝食を宿で済ませ、天気も良かったので二時くらいから自転車を借りて一人でポカラを回った。

 

th_IMG_0779-t.jpg

th_IMG_0780-t.jpg

 

カトマンズのようにゴミゴミしていなく、途中レイクサイドで1時間くらい本を読んだりしながら、ポカラを回った。

 

アイスを40RSで食べ、とうもろこしを10RSで買った。とうもろこしは焼きすぎて水分がなく、歯ごたえがあるスナックみたいだった。

 

4時ぐらいに宿に戻りPCで作業。ネパールは結構停電が多く、Wifiがうまくつながらなかったりと不便した。

 

司に自転車を貸して、6時に自転車を返し、また日本食のお店に行った。チキンカツ定食とご飯3杯。超満足。

 

宿に戻り、ドラゴンヘッドを全巻読んだ。日本の震災と重ねながら読んだ。

 

次の日の朝一のバスでインドに向かうつもりだったので、4時まで起きていた。

 

ネパールで商売をするとしたら、何をするか考えてみた。

th_IMG_0578-t.jpg

バンコクに続き二つめです。今回は商売というかWebサイトです。

 

前提情報

・ネパールの最たる強みはトレッキングである。

・トレッキングの雨季の客足は乾季の5%から10%程度である。

・トレッキングの代理店が、20~30%程度のパーセントを紹介手数料として持っていく。

・ガイドは手数料にすごい不満を持っていて、多くの給料はチップから賄われる。

・多くの人がネパールに来る前に、インターネットや旅行代理店を介してトレッキングの予約をする。

・最近はインターネットもかなり普及していて、ネパールの多くの人がFacebookをやっている。

・代理店を利用した際に、どんなガイドになるかわからない。

 

僕はこれらを聞いて、客とガイドを直接つなげることができるWebプラットフォームがあればいいと思った。

また、それらをFacebookを活用しやってしまおうと考える。

 

《サイト》ウェブサイトには多くのガイドの情報が載っていて、さらにガイドの詳しい情報を彼らのFacebookページやアカウントを見ることができ、Facebookを通して直接依頼することができる。

 

ガイドには、自身のトレッキングの様子、風景、動画などをFacebookページにて公開するよう促す。また年齢、趣味や関心分野などもチェック項目として作り、簡単に絞り込み検索をすることができる。

 

サイトのガイドのページに、このサイトを通してガイドした客のリファレンス(評価、感想)を掲載することができる。その数や評価によって、ランキングなどもつける。

 

ガイドがサイトを利用する手数料は客の支払った5%である。客にはクレジットカード、Paypalで支払った上で来てもらい、その手数料が抜かれた額がガイドの口座に振り込まれる。

 

ガイドとしては一度に複数の人をガイドしたほうが、時間も収益も上がるため、同時期に依頼があれば、客に直接提案することも可能。料金は時期と日数、場所によって一律で定める。ガイドがもし体調を崩し、休んだ際は客にお金を返金する。またそのような欠勤やトラブルが続くようであればガイドのサイト掲載を消す。

 

ガイドがサイトに手数料を払う理由は、客の集客がし易い点と、サイトを利用した際の客からのリファレンスがサイトにはサイトにも反映させることがある点に当たる。つまり、ガイド自身もサイトを利用してリファレンスを貰えば貰うほど、自身の信頼度も上がり依頼が来やすくなる。また、ガイドは直接Facebookを通して、トレッキング希望者に自ら呼びかけることもできる。

 

僕は今回トレッキング会社を利用する際に、どんな人がガイドになるのかすごい不安だった。もし、ガイドの人たちが自らのポートフォリオを持つなどしてセルフブランディングをしていたら、僕はまずそれらをチェックするだろう。客としても代理店を通さずにするため、安く済み、また事前にどんな人がガイドになるか分かる(選ぶ)ことができる。

 

とまぁ、こんな感じにバーっと書いてみました。ちょっと分かりにくいので時間ができた時に直します。穴だらけですが、色々とつっこんでくれると嬉しいです。

関連記事
・バンコクで商売をするとしたら、何をするか考えてみた。

 

 

ポカラで日本人と、日本食を食べる

th_IMG_0775-t.jpg

トレッキングが終わり14時にポカラに着く。

 

着いてからPaypalを使ってなんとか支払うことができた。良かった。

 

1時間後ぐらいにTwitterで連絡をくれた司(@tsukasaigarashi)とでっち(@de_de_deeeechi)とポカラのゲストハウスで会う。

 

歩いて2分もしない距離にお互いのゲストハウスがあったのは笑った。

 

二人とも世界一周中の4年次休学学生で、司は修行をしに世界一周の旅にでてるらしい。インドをチャリで一周するとか。期待。笑

 

でっちは関西の学生で、この旅を通して世界中の人の夢や志をボードに書いてもらって集めているそうだ。

 

久しぶりにこんなに日本人の人と話して、力が抜けた。

 

宿も彼らが止まっている日本人宿、ペンギンゲストハウスに泊まることにした。

 

お昼夕食と、近くの日本食のお店に行き、昼はカツ定食で、夜は生姜焼き定食を食べる。

 

日本食が最高に美味しくて、味噌汁をお替わりしたいぐらいだった。

 

今回のネパールでの出会いで最も衝撃的だったのが、小川さんという人との出会いである。

 

小川さんは半盲者で人の10%くらいしか見えていず、その状態今まで何ヶ国も世界を旅をしているという。

 

僕は、その姿に言葉で言い表せないくらいの人間の底力、強さのようなものを感じた。とにかく衝撃を受けた。

 

小川さん曰く、世界を知りたいから世界を旅しているそうだ。

 

そこには、なんで?という言葉は必要はなく、人間の知りたいという根源的欲求そのままだと感じた。

 

宿に戻って、漂流教室を全巻読む。

 

宿には三ヶ月も滞在してる日本人も何人かいて、9ヶ月ぶりに沈没という言葉の意味を再確認した。

 

明日からインドに行く予定だったが、トレッキングの疲れもあったし出発は明後日にすることに。

 

G三匹と寝る前に格闘し、その日は1時くらいに寝た。

 

 

 

 

トレッキング最終日~達成感とこれからトレッキングに行く人への少しのアドバイス~

th_IMG_0770-t.jpg

お酒を飲んだ後に水を飲んでいなかったので、喉がカラカラになって目が覚める。

 

外は相変わらず雨が降っていて、結局晴れたのは初日だけだったんだなとちょっとがっかりする。

 

9時頃に出発して、3時間ぐらいでトレッキングの入り口で入ったNayapoolに到着する。

 

バスに乗り、その瞬間5日間のトレッキングが終わったことを実感した。

 

辛かったが行って良かった、が率直な感想だ。

 

期待してた景色も見れなかったし、残念なことも多かったが、トレッキング中に自分とゆっくりと向き合えることができたのはとても有意義な時間だった。

 

最終日はガイドとちょっと喧嘩をしてしまったけど、5日間英語で話したおかげで英語力も少し上達した。ありがとう。

 

最後にネパールでトレッキングに興味がある人に少し書こうと思う。

 

・代理店を通さないほうがいい。

大体20~30%を代理店が抜いてしまう。500ドル払ったとしたら、代理店が100~150ドル持っていいってしまうという。実際に僕をガイドしてくれたハリッシュは代理店の手数料なしだとしたら400ドルで5日間ガイドしてくると言った。正直これはバックパッカーにとってはかなりでかいだろう。僕も次他のツアーなどでガイドに付いてきてもらう際には、自分でガイドを見つけていこうと思う。

ちなみにこれは別の記事でまとめようと思うが、航空会社の比較サイトも3%ほどのサービスチャージを抜いている。僕がバンコクからネパールに行く際に使った、Jet Airwaysを紹介してくれた比較サイトはそうだった。

おすすめとしては、比較サイトを利用して安い航空会社リストをリストアップして、各航空会社に直接チケットを購入することである。世界一周をする際には大体30万円ほどの飛行機代などの交通費がかかる。そのうちの3%といったら1万5千円程度。少し手間を加えるだけでこれだけ節約できるならするべきだと思う。

特に今回のトレッキングだと、それだけで1万ほど抜かれてしまうし。もちろん代理店を使うメリットはある。ガイドの質をある程度保証してくれるし、ひどいガイドに当たる確率も少なくない。だからこそ、ガイド自身ももっとWebを介してセルフブランディング(自分のトレッキングのポートフォリオや動画、旅行者からのリファレンスをもらうなど)を積極的に行っていくべきだと思った。(行ってくれと思った。)

 

・乾季を勧めるが、雨季も悪くない。

雨季は地面のコンディションも悪く、山々の景色も見れなかったりという点で、乾季をすすめる。ただ、雨季の場合、ガイドを通常時の半額程度で付いてもらうことができたり、夕食朝食を食べるからという理由でタダにするということもできるらしい。また乾季は宿が予め予約していないと泊まれないことも多いらしいが、雨季ならば人が少ないので自由に宿を選ぶことができる。後は乾季に比べ、緑がきれいなのと霧が幻想的に見えるというのもいい点かと。

 

まだまだ思い出すことがあったら追記していこうと思います。

 

 

 
Page 166 of 172最初少し前へ!162163164165166167168169170171少し次へ!最後
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts