Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 2
 

能力がある人より、ビジョン共感度が高い人を採用したほうがいい理由

先日、レオス・キャピタルワークスの藤野さんにお会いしていただいた。十勝のイベントでお会いして、運がいいことに事業計画を見てもらうことになったのだ。

濃密な一時間をもらった結果、自分たちの事業に強い自信と確信を持つことができた。

最後に、「今自分たちのフェーズで意識したほうがいいことってなんでしょうか?」と聞いた際に、もらった言葉が特に記憶に残った。それは、「能力がある人より、ビジョン共感度が高い人を採用した方がいい」ということだ。自分の頭の整理も兼ねて、このブログに書いておきたい。

 

能力<ビジョン

saiyo_picture.001

 

藤野さんに言われたのは、上記の図。

横軸が会社のおけるパフォーマンス、つまり能力で、縦軸が会社のビジョンの共感度合い。

 

左下の能力がなくて、ビジョンがない人はそもそも会社に合っていない。

よく陥りがちな右下の人を取ってしまうこと。能力はあるから一定の成果は出すけれど、会社のビジョンと方向が違うため、会社全体の雰囲気を乱したり、物事を自分に寄せてしまいがちである。

そして、徐々にダークサイドに落ち、ダースベーダー化する。と藤野さんは言っていて、自分の過去の経験からみても心当たりがあることが何度かあった。

成果は出していることを主張されて、ただ根本的なところで議論ができなく、物事が一体感を持って前に進みにくい。 遅かれ早かれ、何か問題を起こして、会社を離れてしまう。

 

取るべき人は、右上と左上の人。右上の人は、会社が求めている分野の能力もあって、ビジョン共感度も高い。即戦力になる人。正直、中々いない。

左上の人は、共感度合いが高いので、環境と努力次第でどんどん変化していく。

左上の人は会社のフェーズによって、全く未経験の場合は、金銭的理由と育てる環境がなかったりで、採用しにくかったりする。何でも屋がいると助かるフェーズから入り、徐々に特定のスキルを元に組織で活躍する、というのもあるケース。

ただ、なんとなくだけれど、組織の中核を長く担うのは、左上の人の確率も高いと思っている。いかに会社として、これからの人を採用して、活躍できる環境を作るかが、持続的に会社を成長させる鍵だろうし、多くの企業が新卒採用しているのもこれがあるんじゃないかと。

 

また、ビジョンに関しても思うのは、100%ビジョンの一致している人はそうそういなくて、会社の環境によって上下するものだと思っている。また代表やメンバーによる努力も必須である。

採用に関しては、考えても考えても終わりがない。なぜなら、組織は人で成り立っていて、一番重要なことだからだ。いい人がいることで、いいサービス、商品が生まれ、それが結果としてお金に変わっていく。

藤野さんが自分たちに、「人」の重要性について再認識させてくれたのは、とにかくありがたかったし、今後の1つの大事な判断軸にしようと思う。

 

ちなみに、僕らの会社のビジョンは、「日本の価値ある文化を時代とともに残す。」としている。

日本の良さを世界に発信することにより、日本の地域の魅力が変わりながら残っていく。そんな事業を進めていきたいと考えている。

ピンときたかたは是非、会社サイトを見てもらえると嬉しい。

株式会社MATCHA

.

 

自分の体験に投資をする。

うちの台湾人編集長の個人FBページ。1000イイネ…。無事ビザが更新出来てよかった。

 

うちの台湾人スタッフが、今度イギリス旅行に行くという。John Mayorのライブにどうしても行きたいからだという。

かかるお金は20万ほどで、行くかどうか悩んでいたけれど、自分はその20万を払う価値があると思う。

 

その理由としては、自分のまだしたことがないことに対するお金は、結果として返ってくることが多いから。

自分も世界一周をした時100万近くのお金を使ったのだが(元手は大学の奨学金。)、その経験が月や年を追うごとに活きて、またその経験が呼び水となり、新しいことに繋がることが多かった。

 

自分の手元にはないけれど、帰国後の5年間で会社を作ったりと、当時世界一周に使った金額の100倍以上を使っていることになる事に気づいた。きっと後5年経ったら、その更に10倍、100倍のことが起きていく気がする。

自分自身の体験に投資をすることは、短期的ではわからないけれど、大きなリターンがありうる。

 

大事なのは自分自身の体験を、次につなげようとする意識だ。

.

 

初ラジオ出演

先日、名古屋のMORNING CHARGEというラジオに電話出演をした。

テーマは、人生でやりたい100のリスト。ポジティブなことを実践している人を取り上げたいということで、自分宛てにメールが届いた。すぐに電話で打ち合わせをして、せっかくの機会だったので、出させてもらうことになった。

 

 

 


朝7:48から5分間という短い時間だったけれど、とても楽しい時間を過ごすことができた。

なんで、100のリストを使ったんですか?作ってよかったことはなんですか?MATCHAを通じて達成したいことはなんですか?等々質問を受けた。

ラジオにでるのも、実はやりたいことのリストの1つだったりする。なので今回の機会はとても嬉しかった。

 

100のリストを作ったのは2011年の4月から。そろそろ約6年が経つわけだが、ブログと同じくらいやっててよかったことの1つ。このリストを作ったことがきっかけで、様々な機会をもらった。

 

100のリストを作るのは、簡単のようで大変で、自分も最初100このリストを出すのに、1週間以上かかった。

6年間、毎月どこかのタイミングで増やしたり、消したりの繰り返し。気づいたら100のリストも350以上になり、達成したことも100を超えた。

 

この調子で1000のリストになって、300以上達成したら、それはそれで楽しい人生な気がしている。(実際、大変なことだらけだが。)

なんか頭がもやもやしていたり、自分がやりたいことってなんだろう?という人は是非作ってみることをおすすめしたい。

 

→ 人生でやりたい100のリスト

記事下に色んな人のリストも載っているので、そちらも是非。

.

 

なぜ、あなたはチェックリストを使わないのか?

なぜ、あなたはチェックリストを使わないのか?

最近読んだ本で、一番感銘を受けた本がこれだ。

 

どんな内容かというと、チェックリストを使うことにより、ミスを極限まで減らし、不安や、物事の効率化やスピードアップに繋がるというもの。

例えば、建築家が高層ビルを作る際、途方もないプロセスが必要になる。何百から何千もの人が関わり、1つのものを確実に作っていく。それは医者もそうだ。1つの手術をする際に、様々な工程を経て、手術をしなければならない。

 

どんな優秀な建築家でも、どんな優秀な医者でも100回や1000回に一回などの確率で、何かの工程を逃してしまうことがある。そのたった1つの工程の漏れやミスが、大きな問題につながるということがある。それを防ぐのがチェックリストだ。

 

医者の例を挙げると、感染予防の際に下記プロセスを必ず行うというものがある。

1.石鹸で手を洗う。

2.患者なの皮膚をクロルヘキシジンで殺菌する。

3.滅菌覆布で患者を覆う。

4.マスク、滅菌が運、滅菌手袋をつけ、カーテルを挿入する。

5.刺入点をガーゼなどで覆う。

チェックリストを作る前は、3人に1人がどれか1つの工程を漏れていたという。

チェックリストを導入後は、感染率が11%だったのが、0%に改善した。チェックリストを実行するという業務を、医者の手術フローに入れることで一つ一つのミスを劇的に改善することにつながる。

たった0.1%の確率が起こるミスだったとしても、10万人の手術が行われると、100人もの人がそのミスの影響を受ける。

 

朝、会社に来たらやるチェックリスト

これは自分たちの仕事にも十分に当てはまる。

日常的に必ずやるべきことはある。例えば、毎日の情報収集、情報発信、採用の際に聞く項目、マネージメント、、。その一つ一つに決まった工程があり、その1つを逃すとミスにつながったり、想像以上に時間がかかることがある。

 

毎日やるべきことはなるべく効率化して、頭を使わないで処理できるように成るのが好ましい。

最近作ったチェックリストで効果的だったのが、朝会社に来たらやるチェックリストだ。

下記のようなものを作った。

 

■朝、会社に来たらやるチェックリスト

☑メール返信

☑FBのメッセ1日分遡って返信(一回開封して、返信漏れが多いため)

☑Slack、Chatworkの返信

☑Wantedly返信

☑情報収集

☑MATCHAサイトを全言語みる、

☑ 一週間、1ヶ月、1年を考えた時に、今やるべきことは漏れていないか。

☑今日やるべきことのリストアップと優先付け

☑各スケジュールのアジェンダ設定、確認

などがある。大体30分以内に一通り終わらせるようにする。

 

当たり前の項目ばかりかも知れないが、これを作ったことで随分楽になった。

毎日朝こなしていることだが、チェックリストを作ることで、次何をやるんだろう。と頭で考えないで良くなるのがいい。やるべき仕事を、これが終わったらこれ。とチェックリストを潰しながら対応していけばいいので、タスクが終わったか終わっていないかの不安もなくなる。タスクが終わった爽快感もある。

 

これは朝の習慣だけではなく、プレゼンの準備、など特定の繰り返し行う業務に関してもいえる。

物事を達成させるための必要なプロセスは1回目も、2回目も変わらない。それはプレゼンも一緒だ。プレゼン準備のチェックリストは、次のブログにでも書こうと思う。

チェックリストの何がいいかというと、これをコピペすることで、人に渡しやすくなるというのもある。

 

というわけで、仕事をより正確に、また効率的に行いたい人にとって、この本に関われていることは本当におすすめである。まだ仕事にチェックリストを1ヶ月程度だが、自分の仕事は随分とクリアになって進みやすくなった。

 

全社会人に勧めたい1冊。

上記を読んで面白かった人は、こちらもぜひ。


.

 
Page 2 of 17212345678910少し次へ!最後
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts