Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 5
 

MATCHAのルーマニア人編集者が、大学で非常勤講師に。

th_DSC03069

th_DSC03057

MATCHAは15人中5人外国籍のメンバーがいる会社。

言語責任者や翻訳者を含めると、100人以上の外国人の方が関わっている。皆個性が強くて、色んな角度で物事に対して意見が生まれるのが面白い。

 

MATCHAの英語編集者であり、ルーマニア人のラモーナさんが非常勤講師をしているというので、授業を受けに行った。

ラモーナさんは、早稲田の博士で能と舞台芸術を研究していて、1年半前に面接した際に、「先週は、世阿弥についてディスカッションしてました。」の言葉をもらって、一緒に働きたいと思った。こんな人、中々いない。

 

講義内容は、日本文化について。聴講者は日本人と外国人で半分。

自分が行った時の授業のテーマは、日本のお笑い文化についてで、狂言や現代落語の映像を流しながら、説明していた。

堂々と話していて、微笑ましかったし、ラモーナさんの講義がきっかけで、日本に対しての関心が高まる人が少しでも増えたらいいな、と思った。

 

th_DSC03064

th_DSC03071

途中、立川志の春さんが出ていてた。

週一コマとはいえ、準備周り大変なのと、ラモーナさんは何事にもやり込んでしまうので、仕事との両立に無理がでなければいいな。

 

ともかくも、仕事外での活躍は大歓迎。

他の編集者を例に取ると、繁体字版編集者のミホさんも、台湾で本を三冊出してたり、台湾に戻る度ラジオに出たりしている。うちのCTOも他の会社で、アドバイザーをしている。そういう活躍は見ていてすごいなと思うし、MATCHAに対しても長い目線でみると、きっとプラスになるはず。

 

今後の世の中、会社がどう動くかを考えた際に、複数仕事を持つというのは会社にとっても、個人にとってもありな選択だと思う。もちろん、本業を疎かにしないという前提で。

 

個人にとっては視野が広がることにつながるし、会社にとっても新しい風を社内からも起こす大きな要因になる。

人が外に流れてしまうリスクはあるのだが、社内で新しい風が常に起こる状態にして、この会社がなんだかんだで一番面白いな、と思ってもらうぐらにしたい。

 

MATCHAでは、週1仕事後勤務、オンライン上でも進んでいるプロジェクトが沢山ある。

エンジニア、プランナー、マーケター、人事、営業等、全職種的に募集している。

 

是非興味がある方は会社サイト、Wantedly等でご連絡いただけると嬉しい。

→ 訪日メディア「MATCHA」の求人まとめ

→ 会社のメンバーページ

.

 

NHK収録@福島県 星野リゾート磐梯山温泉ホテル

th_IMG_2293

今日はNHKのとある番組の収録で福島へ。

撮影場所は、星野リゾートの磐梯山温泉ホテル。

 

約1年ちょっとぶりのテレビ撮影で、緊張しながらも、はじまったらとても楽しむことができた。

準備してもしきれない、心配が拭えないものって沢山あるのだが、そういう時は大概なんとかなることが多いなーと。

とはいえ、準備の仕方を知らないことも多いので、そこは共演者に学ばせてもらった。

 

学びメモ

・ディスカッションの際は、テーマに関する歴史やルーツを調べる。

・各テーマに対して、学びと驚きがある結論を用意する。

・県名と愛着論。

・目的地に行く、とは。地域とシンボルと観光。

・なぜ人が動くのか。商品として売ることについて。

・抽象的なテーマは、他の場所でも言えてしまう。そこにしかない魅力とは。

・地元の反発を理解しながら、進めていく覚悟を持つ。

・直近数年ではなく、10年、100年先を考える。

等々。

 

普段中々考えないテーマの話題で、勉強になった収録になった。

7月に放映予定なので、また具体的な日程が決まったらこのブログで告知をしようと思う。

.

 

言葉の強度が弱い

「言葉の強度が弱い」という言葉が随分と頭に残っている。

先日、会社の経営理念について話をした際に、この言葉をもらったのだが、「うーん」と考えてしまった。

 

同じことをスノーピークの山井社長と会った際も、同様の事を指摘された。

言葉に力強さが足りない。どこかが内向き感がある。会社の理念としては弱い、と。

 

会社の理念や行動指針に対して、誰が説明して誰が聞いても理解できないといけない。

自分だから、この人だから説明できる、というのは正直よくなくて、結果としてそれは浸透しない。

 

また言葉の強度というのは、使われる文脈によっても変わる。

営利企業なのか、非営利なのか、、等々。

 

言葉は良くも悪くも独り歩きする。

共通認識としての言葉が強ければ、その分組織や団体が1つに向かう力が強くなる。

言葉の強度、具体性、幅、方向性、色んなものが含まれるのが会社の理念。

その言葉の強度が、一つ一つの判断軸や意識の水準につながる。

 

今、会社サイトのリニューアルや事務所移転に合わせて、このあたりを考え直している。

ここ1ヶ月ぐらい悩んで、ようやく方向性が固まってきた。8月ぐらいに公にできたらと。

.

 

自分の役割を定義し続ける。

最近、改めて自分の認識として生まれたのが、人は自分自身の役割を定義し続けていく必要があるということ。

それは誰かに対してではなく、自分自身に対してよく思う。

 

人は自分の役割ややるべきことが明確になっている時に、力を発揮する。

色んな誘惑をはねのけて、その役割ややるべきことを果たすために一点突破できる。

 

逆に自分の役割を定義できないと、変な劣等感むやみな嫉妬が生まれたりすることもある。

人はどうしてもあれもこれも、と思ってしまう。けど、でも全部達成できることなんてない。

人が一人でできることなんて限られているし、目の前のことに囚われて全体を見えなくなってしまうこともある。

 

自分だからこそできることは何か、今だからこそやるべきことは何か。

それらは、誰かから定義されるものではなく、自分の頭で考えて動いていかないといけない。

というのは、自分自身で定めて決めた役割のほうが、人から決められたものよりも数倍力を発揮できるから。

 

もし、なんだかうまくいかないなー、力が発揮できないなーと思うことがあったら

自分自身の役割や、今やるべきことを定義し直してみるといい。

そもそも何を達成したいんだっけ、自分はどうしたいんだっけ?と一歩俯瞰して考えてみる。

 

きっと、次の一手が見えて、少し前に進みやすくなるはず。

.

 
Page 5 of 17812345678910少し次へ!最後
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts