Webサービスのパスワードを忘れないようにする2つの方法 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

Webサービスのパスワードを忘れないようにする2つの方法

この情報社会で、複数のWebサービスを使っている人がほとんどだと思います。Gmail、Facebook、Twitter、etc…。FacebookのIDでログインできてしまうものは、それで済ましてしまうのですが、中には新たにIDとPASSを作らなければいけないことも多い。正直、その管理がめんどくさかったりします。パスワードの再発行に何度救われたか。

仕事場で、仙田さんから「青木くん、パスワードってどうやって管理してるの?」と言われて、「いくつかのパスを、サービスによって使い分けてます。あとは、EvernoteとGmailですかね。」と答えました。

ただ、ちょっと危ういよなぁと思い、色々調べていたら、割といいパスワード管理の方法を思いついたので、ここに書いておきます。

いくつものWebサービスを使っていて、パスワードに毎度悩んでいる人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

1.固定のパスワード + サービスの頭文字3つ

固定のパスに、サービスの頭文字3つを付け足す方法。例えば、「aoki」がいつも使っているパスワードだとします。そして、使うサービスがYahooだとすると

aoki +yahoo

「aokiyah」

になるわけです。

Googleだとすると

「aokigoo」

になる感じです。

 

 

2.固定のパスワード + サービスの頭文字3つ + 最後の文字に合わせた文字

確か1のでもいいのですが、もしその法則がバレた場合、芋づる的にわかってしまいます。

なので、固定のパスワード + サービスの頭文字3つ+αがあればいい。そのαもパターンで、なるべく覚えなくていい方法がいい。ということで思いついたのが、+最後の文字に合わせた文字にするということ。そのパターンを、母音「あいうえお=aiueo」にしてみます。

 

例えば

最後の文字が、H「えいち=eichi」だとしたら、最後の文字の母音は”i”

最後の文字が、F「えふ=efu」だとしたら、最後の文字の母音は”U”

最後の文字が、S「えこ=eco」だとしたら、最後の文字の母音は”O”

な具合。

 

で、母音(aiueo)に対して、対になる5文字の言葉を用意しておく。

例えば、「fresh」「match」「trick」「beams」「12345」などなど。

「fresh」だとしたら、

f = a

r = i

e = u

s = e

h = o

になる感じです。

 

例えば、さっきの用にGoogleだとしたら「aokigoo」で、対になる5文字をを「fresh」を使うとすると、「o = h」になり、「aokigooh」になる感じです。対になる言葉を「12345」のように数字にするのもありかと思います。

 

覚えておくべきことは

・固定のパス

・サービスの最初3文字を利用すること

・最後の文字の母音に対になる5文字の言葉

の3つ。

 

これをやれば、1つバレたとしても、他はバレないと思います。

っていうを思いついて、 書いたのですが、説明を見るとめんどくさい匂いがしますね。笑

パスワード管理どうしようという人は、良かったら使ってみてください。


 

Tags:

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts