6日で400DL達成!Gumroadの販売経過報告とAmeroadでの販売告知 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

6日で400DL達成!Gumroadの販売経過報告とAmeroadでの販売告知

2月22日にGumroadで販売した世界一周のノウハウが2月末で400DLを超えました。ご購入の9割がGumroad経由で、1割が銀行振込といった形でした。ご購入してくれた方ありがとうございます。是非、実践していただければと思います。今回のエントリーでは、Gumroadを使っていく上で幾つか感じた問題点や支払い、最近増えてきたGumroad類似サービスについて書いていきたいと思います。

 

感じた問題点など

・登録アドレスのところに、名前を書いても購入することができてしまう

Gumroadのアドレス入力の場所で、名前を入力し、URLがあるメールが届かない事態が何件か発生しました。Gumroadからは購入の度、ご購入者のアドレス(登録アドレス)が送られてくるので、そこで検索して対応させてもらいました。

・たまに落ちる

最近では安定していたのですが、始めた当初は1日3時間くらい落ちていて、ダウンロード先が載っているメールが届くか不安でした。幸いメールが届かないという事は起きていいないですが、そうなったときはクレジットの使用明細などを送ってもらい判断するしかないです。

・手数料が案外高い

5%だけかと思いきや、5%+30セントでした。つまり500円の商品を販売した場合取られる手数料は11%。売買価格が高くなれば手数料の割合は減りますが、今回は結構とられた感がありました。ここからさらにPaypalの受取手数料、3.6% + 40円がかかっていきます。参考:Paypal

・著作権侵害、コピー流通

著作権侵害、コピー流通は前々から言われていた問題で、上記の3つは、Gumroadを使ってみて初めてわかった問題点など。販売して思ったのは、今回販売したコンテンツに関しては、おそらく自分以外が販売してもあまり売れないものかな、と。今のところコピー流通は把握できてはいないですが、正直そこはモラルに任せるしかないです。

 

Gumroadからの支払いについて


3月1日の朝の2時くらいにPaypalから上のようなメールをもらいました。Paypalから銀行に引き落としをすることができます。(営業3日〜6日かかるみたいです)

 

Gumroad以外の個人コマースサイトについて

今Gumroad以外でも、個人Eコマースができるサイトがでてきています。例えば、Gumroadより日本人受けしそうなAmeroadという日本製の個人コマースサイト、”みんなの情報を、手頃な価格で”というコンセプトのSynapseというサイト。先日のエントリーにも書きましたが、個人が持つ当たり前の情報がお金という価値に変わるということが肯定的になっている流れを感じます。GumroadのAPIが公開されていることも、その流れをより加速させそうです。

 


関連リンク

 

約7ヶ月の世界一周の旅を終えて、感じたこと伝えたいこと

世界一周したい人!旅したい人必見!7ヶ月で40万円節約した旅のノウハウを、Gumroadで販売します。(文字数2万字)

4日で200DL達成!Gumroadでコンテンツを売る際に意識した4つのこと



 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts