人と会うことについて | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

人と会うことについて

th_18_UnitedStates0746.jpg

サンノゼ/アメリカ

世界一周の旅から帰ってきて、以前より、色んな方とお会いする様になりました。

お誘いも受けるようになったり、自分の興味が広がったことで、お会いしにいく人が増えたんです。

年齢層は高校生から、60代の方まで様々で、職業も多種多様に。

 

最近、僕の中に初対面の人と会うことは二種類あって

一つ目は、会ってみたい人と会うということ

二つ目は、考えてもいなかったような人と会うということ

 

この二つが、上手くバランスが取れると、

色んな面白い事が起きるなーと、最近ヒシヒシと感じています。

 

人からしたら当たり前なことですが、

一度言葉にして、このブログにも留めておこうと思います。

 

一つ目の、会ってみたい人と会うっていうのは

その言葉の通りで、会ってみたい人と会うということ

会う前から、ある程度その人と会った結果をイメージすることができ

会うことで、自分の道を進め、自分を深くすることができる。

楽しいし、刺激的。

 

ただ、デメリットもあって、会いたい人と会っている分

どんどん狭い視野になってしまいがちになる。

 

二つ目の、想定もしてないような人と会うということ

これは、 一つ目と同じくらい大切だなーと思っていること

 

2月、3月に朝読書会をしたのですが、そこで多くの人が来てくれたんです。

特定の層に呼びかけたのではなく

この日に、8時から朝読書会するので、良かったら来て下さい!

と言って、それで飛び込んできてくれた人たちと、朝八時から池袋で朝読書会をしました。

 

最近、僕の中で何かが劇的に変わったというのは、この二つ目のような出会いからが多いです。

自分の視野に無い、全く関係ない情報、世界が、そういう人たちから入ってくる。

 

実際、その朝読書会での出会いがきっかけで

全く考えてもいなかった土地に、行くようになったり

思わぬ仕事に出遭ったりもしました。

 

これって、何に似てるかって、旅なんだよなーと思います。

考えてもいない人と、偶然旅中に会う。

自分と、全く違う生き方をしている人と会う。

そこで、そんな世界があったのか!と衝撃を受ける。

 

旅中にあった人のおかげで、人生が変わったってよく聞くけれど

全く自分と違う世界を持っている人に、出会ったからでしょう。

 

ヒッチハイクに乗せてもらった人

夜行バスでたまたま隣だった人

宿でたまたま一緒だった人

友人に紹介されて会った人

人生、どんな出会いがあって、どんなことが起こるかわからない。

 

会いたい人に会うことは、自分を深くする行為で

想定もしていないような人と会うことは、自分の幅を広げることに繋がる。

今後も、両方共大切にしていきたいと思います。

-

 

更新しました!

人生でやりたい100のリスト

写真たち

世界一周、海外旅行の持ち物


 

Tags: ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts