暮らすように旅をしよう。世界中で家を貸し借りできる「airbnb」とは | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

暮らすように旅をしよう。世界中で家を貸し借りできる「airbnb」とは

 airbnb(エアービーアンドビー)

僕が世界一周をしていた時に多く利用していたのが、Couch Surfingというサービス。簡単に言うと、旅人と現地の人をつなぐFacebookみたいなものです。Couch Surfingでは、今まで20人近くの人の家にお邪魔したりと、普段の旅では味わえない体験をさせてもらいました。

そのCouchSufingの有料版という認識だったのが、airbnb(エアービーアンドビー)でした。ただ今回のバリ渡航で2件airbnbで宿泊し、そこでの体験が凄まじく、認識が一変しました。普通の宿やゲストハウスじゃ絶対に体験できないことをairbnbでは体験できる、世界に新しい文化を作っている、そう思いました。

今回はそのairbnbの紹介をしていきたいと思います。普通の旅じゃ物足りない、もっと色んな旅の仕方をしたい、っていう人に参考になれば嬉しいです。

 

 

airbnbとは

airbnbとは、自分の家や部屋を人に貸すことができるサービスです。世界192ヶ国で35万人が宿泊施設を提供し、1100万人ユーザーがいます。身近な例でいうと、渋谷に住んでいる友人は一日7000円で自分の一室を貸して、生活を潤わせています。

ブラジルワールドカップに行った世界一周経験者の友人は、まずairbnbでクールな宿を探し、なければホテルを調べる、という方法をとっている言っていました。airbnbは、モノ好きな旅好きに多く広まってる印象があります。

 

 

世界中にあるユニークな宿に泊まることができる。

airbnbの魅力は、世界中にあるユニークな宿に泊まることができるということ。

 

HABITER SOUS LES TOITS DE PARIS

例えば、パリにある内装のセンスが溢れている家に泊まることができたり。

 

Unique Holistic “Lila Bamboo Villa”

例えば、バリ島にある現実とは思えないような家に泊まることができます。

 

Historical Nakagin Capsule Tower

日本でも中銀座にある、すごい雰囲気の外装の家に泊まることができたり。

 

SHIBUYA 7 MINS AMAZING HOST

Harukoさんと言われる名物おばあちゃんの家に泊まることができたり。

 

Loft House Edogawa

江戸川区にあるお洒落な家に泊まることができたりします。

 

 

Airbnbの使い方

airbnbの使い方はシンプルです。手順1〜6まで書いたので、まだ使ったことがなく、興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

1.アカウントを作成

airbnbのホーム右上のサインインボタンをクリックします。僕はFacebookアカウントを利用して、アカウントを作成しました。1分でできます。

 

 2.電話番号とパスポートを用いて、アカウント認証を行う。

自分の身分を証明することにより泊まりやすくなります。アカウント認証で、電話番号とパスポートの写真を取り、airbnbに送ります。どちらもプロフィール画面左下の「認証確認」から行うことができます。

 

3.気になる家を探します。

自分が滞在する予定の地域をairbnbで探します。家を見る基準は、「レビュー数」「レビュー内容」「返答時間」です。

 

4.「問い合わせ」or「予約リクエスト」を送る。

必ずしも泊まれるとは限らないので、気になるところ複数にメッセージを送ります。簡単な自己紹介、また人気な宿であれば、なぜ泊まりたいかを書いて送ります。

 

5.宿泊を承認され、クレジットカードで払う。

宿泊が承認されるとメッセージが来ます。宿泊人数を間違えずに記入し、カードで決済します。

6.予約完了メールが送られるので、後は行くだけ。

 決済が完了すると、予約完了メールが送られてきます。丁寧なホストは空港からのタクシーをチャーターするよ。だったり、行き方を教えてくれます。

 

 

Airbnbを使って思ったこと

airbnbだからこそ泊まれる宿がある。

明日更新するウブドの記事にも書く予定なのですが、今回、今まで泊まった宿、ホテルの中でも1番といえるくらいいい空間に泊まることができました。単に広く豪華な家ではなく、住んでいる人、またその家を作った人のストーリーを聞くことができる。ここ本当に泊まっていいの?という場所でした。

普通に生活していたら絶対に泊まれないような空間に、airbnbを使うことで泊まることができるのは大きな魅力です。

 

お金のストレスがない

Airbnbのシステムで、一番優れているのがこれだと思います。

今回バリ島で利用して思ったのは、決済をネットで行っているため、ホストとユーザーの間に「お金を払わなきゃ。」「お金をもらわなきゃ。ちゃんと貰えるのかな。」という不安が一切なかったということ。これはairbnbにとってもメリットですが、ホスト、ユーザー両方にとってもストレスが無くなると意味で素晴らしいなーと思いました。

 

リファレンスシステム(相互評価)がある

「この人はどんなホストなのか?」「この人はどんなゲストなのか?」ここは、双方が気になるポイントです。やはり人と人が触れあうので、必ずトラブルというものがあります。そんな時にリファレンス(相互評価)のシステムがあるので、この人がどんな人なのかを事前にチェックすることができます。評価が低いと泊まりにくいし、泊まってもらえないです。

 

言葉は何語で?

基本的なやりとりは英語で行いました。ネイティブレベルが必要かと行ったらそうではなく、バックパック旅行できるレベルの語学力なら大丈夫です。最悪Google翻訳を使ってもギリ通じるかと思います。ホストの人は気さくな人が多く、旅慣れていない人でも大丈夫な印象でした。

 

以上、長く書いてしまったのですが、airbnbの使い方と使って思ったことを書いてみました。これから海外旅行に行く機会がある人、airbnbに興味がある人は是非利用してみてください。明日、明後日に泊まった場所のレビューを書いていきたいと思います。

Airbnb(エアービーアンドビー)

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts