事業をする上で、自分の皮膚感覚を大事にしている。 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

事業をする上で、自分の皮膚感覚を大事にしている。

_DSC02117

先日、新潟 山古志に闘牛を見に行きました。

 

日常の中でふと目にして感じたことや小さな違和感。

街を歩いている時に見る、その人の服装や表情、仕草。

電車の中でちらっと見える、誰かのスマフォの画面。

 

そういったことは、本や新聞だけ見たってわからないよね。

こういう皮膚感覚ってのは、体験を通じて積み重ねていくしかない。

 

とある大先輩経営者から、そんな言葉をもらいました。

60歳を越えながらも、今も現役で様々な事業の先陣走っている方。

新しいホテルの事業コンセプトを、街で歩いている外国人を見て思いついた、と話していました。

 

原体験にこそ価値がある。

そう3年前にもそう思って書いたわけなのですが

よりその言葉に確信を持ってきました。

 

無意識で動いて体験したことが、今になってつながってきていて。

ふと何かを考え、誰かと話をしている中で、アイディアとして形になる。

それの源泉はなにかって考えると、自分の小さな体験だったりするんですよね。

 

今情報にあふれている中、どんなことでも体験を持っている人が強いです。

それは人間的な意味もあるし、何かを作っていくという意味でも。

 

何か気になったら、一次情報に触れるようにしていく。移動していく。

物理的な距離と時間、それにかかるお金も当然無視できないわけですが

飛び回っている人は、それ以上のリターンを知ってるから飛び回っている。

最大の自己投資というか。

 

最近面白いなーと思う人は、毎年すごい距離移動して、自分の中のストーリーを聞かせてくれる人でした。

その人が、今世の中をどう見ているかを話してくれる。

次会った時、どんな話を聞かせてくれるんだろう、と楽しみになる。

その人の根っこから発せられている言葉で、唯一性があって、説得力が違うんですよね。

 

自分の皮膚感覚、原体験を大事にするような生き方をしよう、そう改めて思いました。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts