高円寺一人暮らし | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

高円寺一人暮らし

「今月分の家賃が振り込まれてません。至急お支払いください。」そんな電話で目覚める、今日このごろです。初めての一人暮らしを始めて、4ヶ月がたちました。借金はしてません、ただ忘れてただけです。大丈夫です。

捨てられない不燃物、連なるペットボトル、溜まる不在通知票。23年間集合マンションで住んでいた自分にとって、知らないことが沢山ありました。

深夜に高円寺に戻って、トイレットペーパーを買い足すために、スーパーに立ち寄る。一つ一つが日常を支える重要な行為で、でも、それに最初すごいエネルギーを取られました。「あれ買っとかなきゃ、やばいあれ買い忘れた。あぁ、、、」が頭をよぎる日々。

なんでもそうだけど、何かを0から始めるっていうのはすごいエネルギーがいる。一人暮らし、舐めてました正直。親が作った当たり前に、寝そべって生きてました。

 

ただ、この新しいというのが、やっぱり楽しいというのもあるんです。徐々にパズルが埋まっていく感覚。最初は判断基準が無いから、ダブったり、明らかに間違った形のを買ってしまったりして。

机がきて、テーブルが来て、本棚が手に入って、プロジェクター(!)が来て、ようやく部屋っぽくなってきました。実家に帰る度、「ありきたりな日常は誰かの積み重ねから成り立っている」なんて、それっぽいこと言ってしまいたくなるくらい、生活するってすごいなーって思いました。

朝、目が覚めたらご飯ができてて、当たり前に食パンがキッチンにあって、牛乳やら水やら、なにやらがあって、、とにかく感謝です。帰るたび勉強になる。おおおお、合理的、仕組み化されてる…!!って。

最近は自炊もするようになって、広いキッチンがあるとこにしとけばよかったなーと後悔したりしてます。そんな感じで、徐々に生活する事に関する、自分の中の基準みたいなものができてきてる。

 

4ヶ月で色んな大事なことに気付かされたし、なにより、高円寺という街を選んでよかったです。好きなお店も沢山できました。

なんというか、均質化されたお店が少ない。お店が生き残っていくためは、コンテンツがいいのは前提として、システム、人、空間、の3つがあるなーと思うのですが、人と空間の良さが際立っている所が多い。あと、ご飯が旨くて、安い。変な人も多くて、古着屋も多くて、洒落た喫茶店も多くて、色んな寄り道をしたくなる街。

近々隣駅に引っ越す予定ですが、、また高円寺に住みたいと思います。

.


 

Tags: , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts