オリンピックがあるから、訪日外国人観光客が増えているわけじゃない話 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

オリンピックがあるから、訪日外国人観光客が増えているわけじゃない話

MATCHAの浅草記事より引用

 

今から4年後、2020年は東京オリンピックです。

 

賛否両論ありつつも、どこかこの年に期待をしている。

この世の中に対し、新しい何かを見出していくれるんじゃないか。

僕もその可能性を感じていて、1つのきっかけとして、この祭典に期待をしています。

 

よく「オリンピックの後は、MATCHAはどうなるんですか?」と聞かれるのですが、2020年以降も価値を生み続けていく会社にしていきたいと考えています。

よく、オリンピックがあるから訪日客が急激に増えているという人がいるけれど、それは大きな間違いです。

口頭では何度も答えているのですが、一度明文化しておきます。

 

海外からの訪日旅行社が急激に増えている理由はシンプルで、アジア近郊諸国の経済が急激に成長しているから。それに伴い、ビザの緩和LCCの普及が重なってきていることからです。そういった要素があるからこそ、地域自治体の努力や、うちのようなメディアの情報発信が次に繋がると思っています。

例えば、中国、韓国で4年後にオリンピックがあるからといって、今から僕ら日本人が多く足を運ぶかというとそんなことないですよね。ブラジルのリオものオリンピックも開催年は多く集まっていたとしても、4年前から増えていったかというそんなことはないです。

 

オリンピックは大きな祭典であると同時に、意思統一の文言でもあり、それがあるからこそインフラ整備や情報発信に対する予算がおりやすくなっているのも一つの事実。

大事なのは、オリンピックの先です。明確なビジョンを打ち立て、様々な知見や行動を集めていくのが必要。

オリンピックがあるなしに限らず、僕達のメディアが海外へできるのが、一人ひとりのよりよい体験を作って、日本に来てよかったと思ってもらえるとことです。

 

オリンピック後も着実に伸びていく、価値を生み続ける会社になるように頑張っていきます。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts