アーグラからデリーまでの長い長い夜 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

アーグラからデリーまでの長い長い夜

アーグラ

7月12日 アーグラ→デリー

この列車がデリー行きでなく、逆方面のチェンナイ行きということに気づいたのは乗ってから30分後である。途中の駅で降りようとするも、「その駅はDangerousだ、2つ目の駅にしなさい」、とインド人の車掌に言われた。インド人が言う、Dangerousって相当危険なんだろうなって少し身震いした。もちろん、素直にしたがって2つ目のウォーリアー?って駅で降りて、デリー行きの電車に乗る。

 

時間は24時になっていた。本当だったらもう着いてる時間だと思うと悲しくなった。24時に来たデリー行きの電車に乗る。

 

スリーパークラスに乗ろうと思うも、すべて埋まっていた。スリーパークラスの通路も乗車客で埋まっていて、中には一歩も入れない状態。しょうがないから電車と電車の連結部分に乗った。途中チケットの確認に車掌が来て、僕のチケットを確認しにきて、「お前のチケットは、24時を過ぎているから無効だ。罰金として500RS払え。」と言われた。

 

いくら状況を説明しても聞いてくれなかった。結局アーグラ駅でお金を下ろして払うと言って、アーグラ駅で何も言わず降りて、駅を離れた。いや、流石に乗り間違えただけで500RSはない。多分車掌もテンションで言ったんだろう。

 

心底疲れたので、アーグラで一泊して朝向かうことにした。が、途中変なトゥクトゥクのおっさんに追いかけ回されて、嫌になって、結局2時ぐらいに電車に乗ってデリーに向かった。長い一日だった。

デリー駅

デリーの朝日がとても眩しかった。

 

 


 

Tags: , , , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts