海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識 | Hibilog | 世界一周と日常と考察ブログ
 

海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識

1x1.trans 海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識

海外旅行に行く際にクレジットカードは必須だ。今や現金でチケットを買うなんていうことは、時間の無駄だし、事務手数料で余計にお金がかかってしまう事が多い。いざ現金が無くなった時も、たった1枚のカードで生きていくこともできる。付帯保険で盗難にあった際にお金が返ってくることもある。僕は世界一周する前も、してる時もクレジットカードの規約や制限に悩まされてきた。ここでは、僕の世界一周の体験を交え、海外旅行とクレジットカードについて書いていきたいと思う。これから海外旅行に行こうと思っている人、旅をより良くしたい人に少しでも参考になれば嬉しい。

 

海外旅行の普段払いはクレジット払いがお得

海外の普段払いで、クレジットカードを使用するとお金が節約できることが多い。ATMで引き下ろす場合、手数料4%程度かかるところを、キャッシングが年率18%のクレジットカードだと、手数料1.5%で支払うことができる。数%の違いだが、100万円単位でお金を使うと、大きく違ってくる。

スキミングのリスクなどもあるので、場所を考えて利用しなければいけないが、ある程度しっかりしたホテルだったり、スーパーなどの買い物はクレジットで購入することをおすすめする。また、クレジットカードのWebサイトに行けば、現在の使用明細を見ることができる。その都度どれくらい使っているのかを把握して、使い過ぎないことも大切だ。

 

二種類のクレジットカードを持っていく

カードは2枚持っていったほうがいい。出来れば2つ財布を持って行き、1枚1枚別々に閉まっておくといい。1枚盗まれたとしても、1枚が生きていればなんとかなる。

また、違う種類のカードを2枚持っていくことも大切。三井住友のVISAと三井住友のVISA(ANA付)でもアウト。なぜなら、キャッシング限度額が5万円の三井住友VISAカードを2枚持っていたとしても、引き落としできるお金や、使えるお金は5万円だからだ。2枚あるから、限度額10万円になるということはない。旅中にこれを知らずに利用してて、いきなりカードが使えなくなり焦った記憶がある。おすすめとしては、三井住友VISAアメリカン・エキスプレス楽天Masterカードの3枚(提携銀行が違う所で)。それさえあれば、カード支払いではあまり苦労しないと思う。

 

海外保険付帯のクレジットカードのすすめ

海外旅行付帯保険が付いているクレジットカードを購入する事をおすすめする。そのカードに保険さえ付いていれば、いざ盗難にあった時や病気になったときにその保険が適応される。よくチケットを購入する際に、海外保険の加盟を勧められるが、海外保険付きクレジットカードだと、そこの加入をしなくても済むのだ。海外保険は月で万単位かかることもあるので、これを知っているだけで大きく違う。

僕が初めて海外で一人旅に行ったときの話なのだが、マレーシアでiPhoneを盗まれた時、たまたま海外旅行保険付帯のカードを持っていたおかげで、iPhone代5万円が返ってきた。あの時は感動した。

付帯保険は渡航3ヶ月間のみ有効ということが多いので、それ以上の滞在の場合や危険な場所に行く場合は別途海外保険加入をおすすめする。疾病死亡には適応されない。また、付帯保険を適用させるためには、クレジットカードを航空券購入などに使用する必要があるなどの条件はあるので事前に注意が必要。

 

学生カードについて

学生カードに関してだが、学生カード一枚だけ持って旅をすることを僕は勧めない。なぜかというと、学生カードのショッピング/キャッシング枠は5万円なことが多いからだ。例えば、5万円以上の航空券の場合、そのカードでは購入することができない。また、チケットをまとめて購入する際にはとても不便だ。

もちろん、クレジットカードの限度額は一時的に引き上げることができる。だが、その引き上げも審査が必要だったり、営業時間内のみの取り扱いということもあり、いざ使いたい時に使えるかといったらそうでもない。学生カードで旅をしてて、銀行にお金はあるけど、月のカード決済が終わらないせいで、チケットが買えない….!!!!という旅人に何にもあってきたし、僕もそうだった。もし持って行くとしたら、もう一枚別途10万円分のショッピング/キャッシング枠があるカードを持っていく事をおすすめする。

 

おすすめのカードについて

海外旅行といったら、マイルが貯まるカードがいいのでは?と思う人もいるかもしれない。僕はLCC(格安航空券)の普及によって、マイルという存在が徐々に希薄になってきているように思う。次のエントリーで日本にきているLCCまとめ、それに関して思うことをまとめるが、わざわざ高いチケットを買って、マイルを貯めるよりも、マイルはつかないが安いチケットを購入した方が圧倒的にお得だ。このままLCCが普及、浸透していくと、マイル特典があるクレジットカードは今後減っていくのではないかと思う。

 

1x1.trans 海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識

1x1.trans 海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識

僕は海外旅行に行くのであれば、三井住友VISAアメリカン・エキスプレス楽天カードをおすすめする。

三井住友VISAは、VISAと提携しているため世界中で使えるのが良い。正直、僕はこのカードが無かったら世界一周は乗り切る事ができなかったと思う。入会で、最大8000円分のギフト最大35000円分の獲得チャンスがあるのも大きい。おすすめはクラッシクカードAで、海外付帯保険が海外だけでなく国内の旅行も適応されるのが良い。Amazon,楽天、Yahoo、TSUTAYAなどの支払いも三井住友VISAがお得。年会費が、初年度無料なのも大きい。国内国外問わず、まず絶対押さえておきたい一枚である。

次にオススメなのが、アメリカン・エキスプレスのセゾンブルーこのカードを所有しているだけで、自動で海外付帯保険(最高3000万円)が付くのは大きい。他のサービスも充実していて、例えば、空港から荷物を無料配送してくれるサービスなんてものもある。世界中にアメックスのオフィスが多いので、いざなくなったときにでも現地で再発行できるのメリットだ。

次にオススメなのが楽天カード。楽天カードも海外付帯保険が付き、年会費が無料。使用金額の1%がポイントとして貯まり、それが楽天の商品で買えるのはメリット。カードもMASTERであるため、多くの場所で使える。

クレジットカードを多く持つことは良くないとされるが、海外においては盗まれるリスクなどもあるので、最低でも2枚持っておく事を強く勧めたい。まずは、三井住友VISAカードアメリカン・エキスプレスの2枚があればいいと思う。世界一周に行く予定の人は3枚あれば安心。

カード発行には1,2週間かかることがあるので、クレジットカードの準備は早めに済ませておくことも大切だ。

 

クレジットカード関連で何か問題があったら

海外行く際は、クレジットカードの手引き資料を携帯しておくことも大切だ。基本的な情報は、そこにすべては書かれている。何か問題があった際は、24時間電話を受け付けている、クレジットカードのコールセンターにに電話することが一番早い。クレジットカードの限度額を上げたい場合も同様。

盗難に遭遇し、付帯保険を適用させたい場合も、一度クレジットカード会社に連絡することをおすすめする。ちなみに、盗難にあい、クレジットカードの携行品保険を適用させるためには、現地の警察に事情を説明しPolice Reportなるものをもらわなければいけない。

またクレジットカード会社への電話は、ネットカフェに行きGoogle VoiceSkypeを利用するのが良い。国際電話よりも何倍、何十倍も安く済むことができる。また、料金が低く時間を気にせず話せる点、Facebookなどでアドバイスを求められるのもいい。

 

以上、僕がクレジットカードに関して、知ってほしいことである。海外旅行の情報は、中々手に入りにくいし、知らないと損することが多い。(大体、航空会社や代理店に無駄に払ってる。保険とか。)もし参考になったと思ってもらえたなら、ツイートやFBでシェア、はてぶしていただけると泣いて喜びます。

 

 

バックパッカー・一人旅してみたい人は一読を!

1x1.trans 海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識海外一人旅したい人向け!世界一周経験者による、バックパッカー入門ガイド | Hibilog1x1.trans 海外旅行に行く前に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識
僕が初めて海外に一人旅に行ったのは、大学3年の夏休み。タイ、カンボジア、マレーシアに2週間ほど行った。その時の体験が、今の僕に大きく影響をしているし、実際に世界一周に出るきっかけにもなった。 …

 

 

.


 

Tags: ,

«  //  »

コメントはこちら









 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts