Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ - Part 8
 

MATCHA、社員が10名になりました。

会社メンバーページより引用

 

7月1日より、MATCHAの社員が自分含め10名になりました。

WEBデザイナーの福島さん、バングラディッシュ出身のエンジニア アブさんの2名が7月より正式に参画してくれることになりました。

システムチームも常駐で4名になり、以前と比べると飛躍的に開発スピードや安定度が上がったように思います。

 

会社の島が3つになったと以前書きましたが、今後も各部署強化していきたいです。

責任もプレッシャーも日ごとに増えていますが、いい流れは確実に来ているので、気を引きしめて頑張りたいです。

 

ちなみに今募集しているのは、編集者とプランナーの2名です。

インバウンドメディアに興味がある方は、是非ご連絡いただけると嬉しいです。

Wantedlyでもいいですし、まず話でも、という人は自分宛にFacebook等でご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

編集者:Wantedly

プランナー:Wantedly 

青木のFacebook

 

6月29日 第5回 インバウンドベンチャー会@銀座

in

来週6月29日にインバウンドベンチャー会 第5回が行われます。

僕自身あまり人が多い場は得意ではないのですが、インバウンドベンチャー会は得るものが多く、立ち上げ時から関わらせてもらっています。

今、「インバウンド」という言葉が蔓延っている中、しっかりと事業として続けているところは少ないです。そんな中で、着実に成長している企業の経営者が集まる場になっています。

インバウンド事業者の方、省庁や自治体の方、メディア関係者の方からのご応募待ちしております。

 

 

6月29日第5回『九州頑張れ!!インバウンドベンチャー会!!@銀座』決定!!

※参加者費用は、会場費を差し引き熊本・大分を中心とした九州の復興に全額寄付します!!

 

【協力関係者様】

出演協力:ゲストスピーカーの皆様(出演料無しで登壇いただきます)

会場協力:ザスイート銀座(運営会社バリューマネジメント様

撮影協力:ドキュメンタリー作家長濱えみな

 

【詳細】

日時:6月29日19時開始(18時半開場)

場所:ザスイート銀座

住所:東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座 11F

参加費用:8,000円(食事代は無料です。)

参加人数:60名

 

【当日スケジュール】

0.議事進行 司会;47プランニング鈴木社長、和心COO若槻

1.『開会の挨拶』 佐野会長

2.『京都小売業の雄が語る。ITではないベンチャー企業が、成功するためには?

ゲストスピーカー: テナントプラス片山社長、70B山名社長

モデレーター:きゅうべえ谷口社長

3.『数値で語るインバウンド攻略』

講演:ホットリンク内山社長

4.『地方でも都会でもインバウンド!!』

ゲストスピーカー: バリューマネジメント他力野社長、アソビュー山野社長

モデレーター:共和エージェンシー 田中社長

5.『ベンチャーでも業界No1になる!!』

ゲストスピーカー: フリープラス須田社長、ビジョン佐野社長

モデレーター:和心森

6.懇親会

 

【ご応募】

Facebookイベント:https://www.facebook.com/events/631166680370035/

URL:https://docs.google.com/forms/d/1v366EgHHEyCrHChdwlnyGbAT0nkyBWoigS4MdDljaIg/viewform

※上記どちらかでお願いします。

 

【問い合わせ先】

広報担当:若槻 a.wakatsuki@wagokoro.co.jp

.

 

ひとりの体験が、新しい記事や企画を生んでいく。

甲府行きのあずさにて

 

「駅弁の記事を書きたいです!」

 

先日ルーマニア人スタッフのラモーナさんと話していた時に、こう言われました。

「え、なんでですか?」と聞くと、「自分が新幹線に乗った時に、周りがきらびやかな駅弁を広げて食べていて、自分だけコンビニ弁当で、寂しい思いをしたから。日本来たばかりの時は、駅弁の存在を知らなかったです。」と言っていました。

 

駅弁は地域性あるし、遠出する際の1つの楽しみ。駅弁とは何か、という記事から、地域毎の駅弁の記事まで色々かけるな、と。

日本人じゃ思いつかない視点で、すごいいいな、と思い色んな人に話していたら、1つの仕事の企画に駅弁が組み込まれることになりました。

日本人が当たり前だと思っている情報は、海外の人に当たり前ではない。そんなことを今まで何度も言っていたのですが、今回改めてそうだな、と思いました。

 

ひとりの体験がきっかけで、世の中にまだ出てない記事やアイディアが生まれるというのは、とても素晴らしいことだと思います。日常と仕事が重なっていくというか。

MATCHAはほとんどの記事を、実際に足を運んで取材しています。代表である自分や役員の山田さんも、頻繁に日本各地に足を運んでいます。

やはり現地にいって、気づくこと、出てくるアイディアってやっぱりあって、そういうスタンスが自分たちの強みなんじゃないかと。今後もそういった一人ひとりの原体験を大事にしたいし、日常が活きる環境を作りたいです。

.

 

在メキシコ日本国大使館の山田大使とお会いしました。

mexico

今日は、在メキシコ日本大使館の山田大使とお会いしました。

一度浅草の事務所まで来てもらい、その後蕎麦を食べて、よく行く喫茶店でお話ししました。

 

実は、山田大使とは今回初めてお会いしたんですね。とあるきっかけで、Facebookからコンタクトがあり、今回の日本滞在でお会いすることになりました。

初めてお会いしたにもかかわらず、初めてな感じがしませんでした。カウンターで横並びになって蕎麦をズルズルとすすりながら、大使の仕事や、メキシコで日本の文化がどううけているかなどを聞きました。

MATCHAの今後の展開についても、色々とお話しさせてもらいました。面白がって聞いてくれて、山田大使は、新しいことが好きな人というのがわかって嬉しかったです。とても気さくで、前衛的な方。

 

「来年の2,3月に、全日空でメキシコ便の直行がつながる。」

「MATCHAは、早くスペイン語やったほうがいいんじゃない?」

「まだまだ日本の情報は、スペイン語で発信されていない。」

などなど言われたことから、今、スペイン語対応を本気で考えています。

実施したらきっと面白くなると思う分、しっかりと準備して臨みたいです。

 

山田大使と自分の共通項である人のことは、あまり触れることができなかったけれど、その人がいなかったら、今回のような機会はないわけで、縁というものは不思議です。

未だに信じられないけれど、每日頑張って、着実に進んでますよ。というのは、どこかで、何かしらで証明したいです。

 

気付いたら2時間半近く話してしまいました。

国と国との仕事、外交のお話しなど、もっと聞きたいことがあります。

またお会いできるのを楽しみにしています。

.

 
Page 8 of 167最初少し前へ!45678910111213少し次へ!最後
 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts