ピンクシティ?のジャイプルへ | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

ピンクシティ?のジャイプルへ

ジャイプル インド

8月18日 ジャイプル

ジョードプルの夜行電車に乗り、朝5時にジャイプルに着いた。ジャイプルはピンクシティ、と呼ばれている街で特に旧市街がピンク色に近い建物が多く並んでいる。ブルーシティのジョードプル、ピンクシティのジャイプルと言われている。白はなんだっけかな。

本当は興味がなかったが、ジョードプルとデリーの中間に位置している場所で、せっかくだし寄ろうかと思って寄った。朝5時に着いた「タクシー?」「タクシー?」と10人くらいに声をかけられる。あいかわらず朝っぱらから元気だなと思った。5時はまだ暗いので、6時ぐらいまでガイドブックを見ながらチャイを飲むことにした。ここ数日から、虫歯が急激に痛み出し、なるべく左の奥歯にチャイがつかないように飲んだが、やっぱり無理だった。すごくしみて痛かった。

地球の歩き方(どこかの宿からもらった)の地図の縮図は間違っている事が多い。ジャイプルもその例に外れず、そのせいで1時間半も行彷徨うことになってしまった。12日間に及ぶ瞑想で体を動かしていなかったせいか、15kgはあるバックパックを担ぎながら彷徨うのはなかなか辛かった。

ジャイプル インド

途中ようやく自分が歩いている道がわかり、ジャイプルの有名なラッシー屋に向かう。お店の名前はLASSIWARA。このお店の左に2つ同じの名前のLASSIWARAがあるが、ここのお店が元祖。ここのラッシーは今まで飲んだどのラッシーよりも美味しかった。なによりとても濃厚で、夜行電車の疲れが一気に吹き飛んだ。虫歯の痛みなどどうでもよくなるくらい美味しかった。

ジャイプル インド

飲んだラッシーの容器はこのように、割って捨てる。再利用はしないんだ。もう一度土のようにして、つくり直すのかな。

ジャイプル インド

宿を適当に見つけて、3時間寝るつもりが6時間寝てしまった。慌てて宿を出て、ハワ・マハルを観に行った。どう考えても、歩き方に載っていたピンクとも違うし、思ったよりも綺麗さを感じなかった。なんだかハリボテみたいで1分ちょっと眺めて、その場を去った。

ジャイプル インド

ジャイプル インド

その後はシティパレスに向かう。

ジャイプル インド

ジャイプル インド

大人も丸まれば三人は入るんじゃないか、と思うくらい大きい。

ジャイプル インド

自撮りしてみた。

ジャイプル インド

この中が博物館になっていて、様々な武器や絵などの文化物が展示されていた。ただ残念なことに建物内の写真は禁止されていた。

ジャイプル インド

写真がないから、どんなものかあまり伝える事ができないが、シティパレスは一見の価値がある場所といえる。本当に写真を撮れないのが惜しいと感じるくらい綺麗なものが多かった。

ジャイプル インド

ジャイプル インド

ジャイプル インド

偶然出会った櫻井さんとビルラー寺院へ向かった。ここの建物のガラス絵もかなりきれいだったんだけれど、写真を撮ることは禁止されていた。ぬー。

ジャイプル インド

ジャイプル インド

夜は櫻井さんとラッシーとご飯を食べに行く。元祖LASSIWARAのとなりの、2つ目に古いLASSIWARAへ。ここのラッシーもとても美味しかった。料理も名前を忘れてしまったけど、悪くなかった。

ジャイプル インド

▲夜のハワ・マハルはとてもきれいだった。

櫻井さんはとある大学の人事をされていて、その話がとても新鮮だった。後は以前株をして稼ぎながら半年東南アジアを旅をしていた話もとても興味深かった。世の中には自分が思っているよりも、本当に多くの選択肢や生き方があって、その多くは人から教えてもらったり、気づかせてもらうということを改めて思った。もっともっと多くの、自分とは違ったタイプの人と話していきたいな。

 

おすすめエントリー

「Facebook × 世界一周」企画概要

世界一周してる大学生が12日間、人と話してはいけない、目も合わせてはいけない、読み書きや娯楽が一切禁止のヴィパッサナ瞑想修行(インド)に参加してきました。

世界一周中大学生の次の旅ではこうします、こうすべきこと、気を付けておくべきこと100(9月1日追記更新)

APEXインド現地法人CEOの横山博哉さんとお会いしました。


 

Tags: , , ,

«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts