訪日メディア「MATCHA」を立ち上げた経緯 #MATCHAのはじまり | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
 

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げた経緯 #MATCHAのはじまり

Print

株式会社MATCHA (旧:株式会社Sen)を作ったのが2013年12月3日。なぜ12月3日かというと、123と数字の並びが良かったのと、12月3日が「カレンダーの日」という日ということを知ったからです。

カレンダーの日とは、1872年12月3日に旧暦が終わり、太陽暦が採用された日。つまり、日本標準から世界標準に変わった日です。当時はいきなり日付けが翌年の1月1日に変わって、大変だったそうです。

僕は、この日の存在を知った時、この旧暦から太陽暦への切り替わりが、なんとなく今の日本と自分のやりたいことを重ねてしまいました。

会社を作った主な目的に、日本を世界に発信し、日本と世界をつなぐことがあります。その理念とバッチリあっていたのと、毎年12月3日に、創業期の思いが蘇るのではないか、と考え決めました。

12月3日にしようと決めたのが11月末。すごい焦って、登記をして、4日で会社を作りました。こういう思いつきは、大体深夜に起こります。

 

会社を作ってから人に会うたびに聞かれることが、「なんで会社を作って、このメディアをやっているの?」ということ。

なぜやっているか、これは僕はとても大事だと思っています。事業をやっていると想像を絶するくらいに色んなトラブルが起こります。思い通りにいかないことばかりで、心が折れそうなこともいままでありました。

でも、なぜやっているか、というものがあると、ふとした時に自分の原点に立ち返ることができるんですね。そして、その理由があるから、どんなことがあっても立ち上がっていける。

例えば、これがお金を沢山稼ぎたい、流行っているから、というのが一番の理由になってしまうと、稼げなくなった瞬間、流行らなくなった瞬間、辞めてしまう。続ける理由がなくなってしまうからです。

それは代表である自分自身もそうですし、そういう意識で立ち上げた場合、そういう意識の人が集まってしまい、いざというときに脆い。会社をやっていて思うのは、続けていくことが大事で、続けるからこそ見えることが大きいからです。

 

少し前置きが長くなってしまったのですが、なぜやっているかを一度このブログで丸々書いてみようと思います。1つの出来事がすべてを決めているわけではなく、色んな出来事や出会いが複雑に絡み合って、影響を受けて今があります。

これについては会社を作ってから数えきれないくらい話しをしていて、TEDや色んなインタビューでも話しているのですが、1から10までまとめたことは今までなかったので。

書いていたらびっくりするくらいに長くなってしまったので、何度かにわけて載せていきます。

 

続きます。

 

訪日メディア「MATCHA」を立ち上げた経緯

0.訪日外国人向けWebマガジン「MATCHA」を作った経緯
1.明治大学国際日本学部
2.ブラックなインターン
3.Twitterで広がった世界
4.約7ヶ月の世界一周
5.ドーハ国際ブックフェア‐
6.世界一周後の日本めぐり
7.augment5 Inc.
8.訪日メディア「MATCHA」の着想
9.起業の準備とMATCHAのスタート
10.訪日メディア「MATCHA」のこれからについて

明日から毎日更新していきます。

連載的に書くので、1つの記号として #MATCHAのはじまり をタイトルにいれてます。

.


 
«  //  »

コメントはこちら







Print


 
About Hibilog

青木優の日常と考察ブログです。

Home

About Me

人生でやりたい100のリスト

世界一周、海外旅行の持ち物

写真たち

Popular Posts